人生の豊かさ - パーソナルコーチング - 専門家プロファイル

L.C.L. 根本 雅子 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
上林 登
上林 登
(パーソナルコーチ)
喜多見 明日香
喜多見 明日香
(パーソナルコーチ)
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2017年08月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

もっともっと〜 vs 引き算文化 “more and more” vs “subtraction”


週末のファイナンシャルタイムス(日本の日経のようなイギリスの新聞)に興味深い2つの記事がありました。

1つ目の記事。

もっと、もっと、と子供に教育をし、ハロッズで買い物をする中国人。

中国語で、中流階級の方は、子供にピアノのレッスンに通わせることがステータスになっているとのこと。

ランランという、若い名ピアニストが、ロンドンでも何度か講演をし、大好評だったことも後押しをしているのか、中国本土では、子供にクラシックピアノを教える熱が盛んとのこと。40年前の文化大革命時代には、クラシック音楽は、非難、弾圧の対象だったにも関わらず、時代が変われば真逆の現象。もっともっと、より良い教育を子供にという思考からとのこと。なるほど、私が子供時代の日本は、ほとんどの子供がピアノを習っていた現象と同じ。私も妹達も全員習ったけれど、残念ながら、我が家の子供は、ピアノ心にはご縁がありませんでした。

そして、イギリスのデパートの代表格のハロッズでは、中国人の顧客で去年は、40%売り上げアップとのこと。そして、中国語スピーカーの店員を増やしたとの記事。確かに、ハロッズに限らず、ロンドン市内のデパート、ヨーロピアンブランドのブティックに行くと、必ず聴くマンダリン語。バブル期には、日本語だったなと、その昔を思い出しました。


2つ目の記事。

引き算の素晴らしさが日本人アーティストの創る家具。 アレッシ、コンラン、カッペリーニ、と名だたるインテリア会社が、日本人デザイナーを雇ったということ。 彼らの最大の理由は、日本人デザイナーによる家具や、シンプルかつ機能的であること。何かを付け加えるのはなく、余分なものを除いた引き算によるものが、美しいから。

もっともっと、(more and more)の社会と余計なものを手放す引き算(subtraction)の文化。

私個人を振り返ると、お恥ずかしながら、特にバブル期には、「もっと、もっと」と、欲しいものが尽きませんでした。

そして、今、「断捨離実践中」の私は、この「もっともっと」時期のものを、どんどん手放しています。


「手放す」引き算をすると、物理的な物が減り、掃除も楽になり、何よりも何故か心が落ち着く空間になります。そして、その空間にいると、思考もすっきりとします。

もっともっと、という貪欲な時代が人生のどこかであってもよいかもしれません。

そして、この引き算を人生に取り入れると、予想外の豊かさがシンプルさの向こう側にあるかもしれませんね。


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
L.C.L. 根本 雅子 

魅力・可能性開花を多角的にサポートするイギリス発コーチング

L.C.Lのロゴは、白鳥がテムズ川から飛び立つ瞬間を見て、イメージしました。「醜いあひるの子」が変化した様に、誰もが、素晴らしく、見事に、美しく自分の望む方向へトランスフォメーション(物の転換)が可能だと、私が確信しているからです。

このコラムに類似したコラム

意識と無意識が統合されたセルフ 凰美ニルヴァーナ洋子 - パーソナルコーチ(2013/11/30 23:02)

ピンピンころりん」 下枝 三知与 - ビジネススキル講師/カウンセラー(2013/06/13 12:55)

もうムリ!と言いたいときは 小倉 美紀 - パーソナルコーチ(2013/04/05 08:00)

飛び立っていく背中に向けた思い 溜 香世子 - パーソナルコーチ(2013/02/01 11:46)

コーチングは特別な人がうけるものじゃない 溜 香世子 - パーソナルコーチ(2013/02/01 11:47)