「相続」が「争族」にならないために ~遺産分割のトラブル~ - 遺産分割 - 専門家プロファイル

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定 税理士
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「相続」が「争族」にならないために ~遺産分割のトラブル~

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産分割
相続専門税理士はこう思う

「うちはモメる程の財産がないから…」、「うちは家族仲がとても良いから…」と多くの方がおっしゃいますが、「相続」が「争族」になるケースは、必ずしも遺産額の大きさとは関係しません。

むしろ財産が一戸建ての家のみであったり、分割しづらい不動産がメインだったり、家業を営んでいたり、兄弟姉妹のうちの誰かが親の最期の面倒を見ていたり、兄弟姉妹のうちの誰かが家を建てたり事業を始める際に、親から多額の資金を出してもらったり…といった場合などに、モメるケースが非常に多いのです。

また、被相続人に離婚歴があり前妻と後妻の双方に子どもがいたり、内縁の夫や妻がいたり、他の相続人の遺留分(法的に保護されている最低限の相続持分)を侵害した遺言を残す場合にも、同様にモメる可能性が高くなります。

 

いかに仲が良い兄弟姉妹であっても、まだ片親が存命中であれば、その片親が求心力(=交通整理役)となってまとまることも多いのですが、両親ともに不在の場合には、兄弟姉妹がそれぞれの立場で主張し合うと、残念ながら「争族」になってしまうケースも数多く拝見してきました。

 

一般に「相続対策」というと、「相続税」の『納税資金対策』『節税対策』ばかりを考えがちですが、それと同じくらいかそれ以上に重要な3本目の柱として『遺産分割対策』が挙げられると思います。

これは、相続税の納税義務があるなしに関わらず、「相続」を「争族」にしないためには重要な対策です。

愛する家族が、自分の死後、互いにいがみ合うことのないよう、自分がまだ元気なうちに、一度きちんと考えておきたいものです。

 

次回以降は、その遺産分割の4つの方法について、詳しくお話していく予定です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定 税理士

不動産鑑定士と協働。不動産に強い相続専門の税理士です。

フジ相続税理士法人は、名前の通り「相続」に特化した専門事務所です。税理士だけでなく、不動産鑑定士・司法書士による相続・不動産問題の独立系コンサルティンググループですので、相続・不動産全般のお悩みに対応しています。どうぞお気軽にご相談下さい。

カテゴリ 「相続専門税理士はこう思う」のコラム

相続登記について(2012/08/30 15:08)

賃貸住宅フェアを終えて(2012/07/30 17:07)

好きな言葉たち(2012/07/06 07:07)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

民法、相続ルールの大規模改正へ(4) 高原 誠 - 税理士(2016/02/22 19:23)

民法、相続ルールの大規模改正へ(3) 高原 誠 - 税理士(2016/02/15 19:01)

民法、相続ルールの大規模改正へ(2) 高原 誠 - 税理士(2016/02/12 21:06)

民法、相続ルールの大規模改正へ(1) 高原 誠 - 税理士(2016/02/10 20:19)