「サブプライム」から「ラップ」!? その1 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「サブプライム」から「ラップ」!? その1

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんにちは!
8月前半が異常に暑かったので、ここにきて32−3度が涼しく感じますね。

そう、この“比較”こそが、人間の「感じる」部分なんですね。
もし、8月初旬が30度を切るような気温だったら、どうでしょうか!?

今は大変暑く感じることでしょう!


そして、それは投資やマーケットの世界も同じです。

さて、今は、「円高」ですか「円安」ですか?

株価マーケットは?

商品市況は?

さて、皆さんは何と比較されますか?????



市場を大混乱に陥れた「サブプライム問題」ですが、徐々にですが、落ち着きを取り戻しつつあります。

“パリバショック”といわれた、フランス大手銀行BNPパリバも、傘下の3つのファンドの凍結を解除する方向で発表が行われました。

発表によると、下落率は、BNPパリバABSユリボーが2-3%、ABSオセアニアが2.5-3.5%、パーベスト・ダイナミックABS4-5%と言われています。

ただ、証券化商品の場合、「適正時価」を求めるのは非常に難しいのが現状です。
パリバは、「新しい手法で評価」としていますが、その説明が果たして投資家や市場の納得のいくものなのかどうか。もう少し様子を見ないと何ともいえないところですね。

一方、日本国内は、この“信用不安”が引き金となって、急激な「株安」「金利安(国債などの債券が買われたため)」「円高」となりましたが、株と為替は若干戻しつつあります。

そして、長期金利は、いまだ1.5%台と低い水準となっています。

こちらもまだまだ、様子見が続きそうな気配です。
(その2に続く)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム