最強のチームを作る - 組織改善・風土改革 - 専門家プロファイル

中村 泰彦
有限会社ワイ・エー・エス 代表取締役
東京都
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

羽田 未希
(社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最強のチームを作る

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 組織改善・風土改革
エマジェネティックス

先日、東京で開催させて頂いた【最強のチームを作る EGチームビルディング研修】

来月は秋田での開催になります。

私が行っている様々なセミナー、コンサルティング、EG理論を組み合わせて作成したプログラム

先日ご参加頂いた方から・・・

『経営者・管理職の「できたら知っておきたい」が分かる』 というコメントを頂戴した実践的な内容です。

 

例えば・・・

 

チームビルディングでは『GOAL』を共有すると言いますが、『GOAL』設定の捉え方は人によって違います。

 

また・・・

 

『メンバーの強みを活かしあう』という言葉もよく聞きますが、強みの捉え方がバラバラでは活かせません。

 

主観や感覚の違いからくるミスコミュニケーションをEGを活用することで、防ぐことが可能になります。

 

結果を出すためのチームを作る!!

 

先日参加された皆さんの声をご紹介させて頂きます。

 

<VOICES>

 

【Tさん 30代 男性 会社経営】

 

アットホームな雰囲気で参加型の研修、楽しく学ぶことができました。

今まで感覚的であった会社の組織作りに具体的な根拠を持って取り組むことができそうです。

 

【Eさん 30代 男性 会社経営】

 

久しぶりに長時間の研修に参加したが、大変楽しく学ぶことができました。

2年半ぶりにEGのセミナーに参加しましたが、これまでを振り返って見ると、この2年半は自分の強みを活かしてくることができたと感じました。次は周りの人たちの強みを活かすことが大切だと思います。

 

【Tさん 40代 男性 会社経営】

 

チーム構成の大切さと難しさを感じていましたが、今回の理論を活かすことで自分もスタッフも持っている力をフルに発揮できるチームを作ることができそうです。すぐに実践できる内容でした。

 

【Aさん 40代 男性 会社経営】

 

自分の特性把握、最強チームのあり方、EGプロファイルの活かし方・・・分かりやすい解説で楽しみながら学ぶことができました。会社はもちろんのこと、家庭、友人まで幅広く活かすことができそうです。

 

【Tさん 30代 男性 会社経営】

 

自社で起こったことが、自分が注意すれば防ぐことができたことであったことを再確認できました。今後もスタッフが働きやすい職場にしていきたいと思います。今日はありがとうございました。

 

【Sさん  女性 会社員】

 

2回目のEG関係のセミナーでしたが、回を重ねることえ得られるものも多くあるように思います。特性の優位性の有無は良い悪いではなく、いずれも活かしていけるということは参考になりました。半日ではなく、1日でも良い位の内容だったように思います。



※ 掲載OKの方のみ掲載させて頂いております。

 

*************************

 

次回、秋田での開催概要になります。

 

開催日 2011年2月14日(月曜日)

 

時 間 開講13:00~閉講17:30

 

会 場 秋田県青少年交流センター ユースパル

 

住 所 秋田県秋田市寺内神屋敷3-1

 

受講料 15,750円 (EGプロファイル代10,500円を含みます)

 ※EGプロファイルをお持ちの方は5,250円でご参加頂けます。

講 師 中村泰彦(YAS代表・EGジャパン プログラム開発チーフ)

詳細・お申込は ⇒ http://www.yas-corp.com/seminar/20110214.html

このコラムに類似したコラム

良かれと思っての逆効果 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2013/01/07 08:00)

「会社は・・・」という主語での会話 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2012/10/08 09:00)

同じ方向 中村 泰彦 - 研修講師(2010/07/05 10:08)

活気がある会社とない会社の間で見える一つだけの違い 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/06/21 08:00)

「一体感」と「多様性」はどちらが大事? 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/03/29 08:00)