「住宅ローン減税」の落とし穴 - 住宅ローン借り換え・返済 - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「住宅ローン減税」の落とし穴

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン借り換え・返済

今日は、住宅ローン減税について、
皆さんが、あまりご認識が無い重要な盲点についてお話します。

住宅ローン減税の適用要件の1つに、
「償還期間10年以上のローンを組む」とあります。
これは、借入期間が10年以上のローンを組むということだけではなく、
トータルの償還期間が10年以上必要という事なのです。


なので、単に10年以上のローンでスタートすれば良い
ということではありません。

特に、一部繰上げ返済を行う際は注意が必要です。
期間短縮型の一部繰上げ返済を行う場合は残りの返済期間が
短縮される事になります。例えば、残り8年まで短縮された場合は、
その後の住宅ローン減税はどうなると思いますか?

確かめる為にはこんな計算をします。
既にローンを支払った年数+一部繰上げ後の残りの年数

この計算をした結果10年以上であれば、
残りの年数も住宅ローン減税を受けることができるのです。

例えば、20年ローンでスタートした人が、
返済開始から5年後に一部繰上げ返済をした結果、
残りのローン期間が8年に減ったとします。

この場合は、既に5年間支払っているわけですから
5年+8年=13年となります。
よって住宅ローン減税は続けて適用になるのです。

なので、逆に無計画に期間短縮をしてしまうと、
うっかりトータル償還期間が10年を割り込んでしまって
住宅ローン減税が打ち切りになってしまいますので
皆さん十分ご注意下さいね。


もし一部繰上げ返済をお考えの場合は、
住宅ローンアドバイザーやFPからアドバイスをもらうか、
銀行に直接シミュレーションをお願いする方が良いでしょう

《情報満載お役立ちサイト ご覧下さい》

FP宮下弘章の“マイホームと住宅ローン”セミナーブログ

住宅購入・住宅ローン金利などの基礎知識を学べる無料セミナー

このコラムに類似したコラム

第14回 初めての住宅~こころえ(8)~ 藤 孝憲 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/04 09:04)

フラット35のご相談 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/02 12:12)

平成24年(2012年)の住宅ローン金利動向(前編) 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/21 12:00)

5月の住宅ローン金利情報 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/05/09 18:22)

銀行ローンは変動金利が5割超 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/03/11 14:00)