立場が変わるだけで、劇的に数字が変わる - 飲食店経営全般 - 専門家プロファイル

河野 祐治
株式会社 飲食店繁盛会 飲食プロデューサー
東京都
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

うえた さより
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

立場が変わるだけで、劇的に数字が変わる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店経営全般

 

あるクライアントの経営者から聞いた話。

 

ずっと損益ギリギリだったり、赤字だったりのお店の店長が、

独立して店を持ちたいと言ってきたので、だったらということで、

そのお店をのれん分けのような形で、そのまま店長に売却。

 

すると、どうなったか?

 

全く利益が出てなかったお店が、翌月には黒字になり、

それからどんどん利益を伸ばしていったとか。

 

メニューも、内装も、働くスタッフも、何もかも依然と同じ。

 

違うのは、店長の立場が経営者に変わっただけ。

 

「雇われの身から経営者に立場が変わると、

こんなにも意識も変わるんですね。」と経営者。

 

私もよく言いますが、これは仕方ないことなのかも知れません。

 

根本的に、大きな壁というか違いが存在します。

 

私自身がそうでしたから、よく分かります・・・。

 

コンサルして、売上が5割増とか倍増とか、派手な成果が出るのは、

そのほとんどは、店長=経営者の場合です。

 

最終的には、ツールやハードではなく「人」なんです。

 

常にコンサル時に抱えている課題の1つです。

 

もっとも経営者にとっても、常に頭を悩ませている

1番大きな問題でもあるのですが。

 

でも逆に言うと、組織としてそういう成果が出せるような

仕組みが作れたら素晴らしいですよね。



飲食プロデューサー、中小企業診断士

河野 祐治 

 

 

このコラムに類似したコラム

「お客としての作法」があると思うのだが、売り手都合なのかなぁ 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/01/05 10:51)

どうせやるなら「テキトーニ」ではなく「テッテイテキニ」 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/01/03 18:15)

メニューブックアワードの審査員をして感じたこと 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/12/06 08:11)

東京のアドバンテージ 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/11/07 11:45)

仕方ないことではあるけれど、でも、全ては自己責任です 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/10/09 12:18)