「お客としての作法」があると思うのだが、売り手都合なのかなぁ - 飲食店経営全般 - 専門家プロファイル

河野 祐治
株式会社 飲食店繁盛会 飲食プロデューサー
東京都
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

富井 学
富井 学
(飲食店コンサルタント)
うえた さより
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「お客としての作法」があると思うのだが、売り手都合なのかなぁ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店経営全般

 

日経レストランのメルマガに載っていた、三橋編集長のコラム。



ココから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(焼き鳥店で水だけを飲むお客)

明けましておめでとうございます。編集長の三橋です。本年も、引き続き「日経レストラン」をご贔屓のほど、よろしくお願い申し上げます。さて、2011年はどんな年になるのでしょうか。国内経済は、緩やかな回復基調をたどるというのが、多くの専門家の見立てです。外食産業も今年の干支のうさぎのように飛躍する年になってほしいと思いますが、この年末、ちょっと“不吉な”光景を見てしまいました。

 

忘年会のピーク期が終わり、街に落ち着きが戻った12月29日の夜、私は親友と2人で、馴染みの焼き鳥店で飲み食いをしていました。そこに入ってきたのは若いカップル。「お飲み物はいかがなさいますか?」という店員に、カップルの男性の方が「お水を2つください」と答えました。その後、2人はおつまみ少々と串焼きを数本、そして親子丼を平らげて1時間ほどして店を後にしました。その間に2人が口にしていた飲み物は最初に頼んだ水だけ。店の女将に「水で焼き鳥とは珍しいね」と声をかけると、「最近、多いのよ。(ペットボトルの)水にだって原価はかかっているんだから、あまり気持ちのいいものじゃないわ」との答え。嘆息する女将を「せこい」とはとても思えませんでした。

 

もちろん、カップルは2人ともお酒が苦手なのかもしれません。でも、その店のメニューブックにはウーロン茶などのソフトドリンクも載っています。にも関わらず、無料の水だけしか頼まないというのはやはり“違う”と感じました。お客にはお客としての作法があると思います。女将によると、無料の水や緑茶を頼んで、有料のドリンクを注文しないのは、若いお客だけでなく、年配のお客にもいるそうです。「何とかならないかしら」という女将に、「お水はペリエかティナントになります、と言ってお金を取ったら」と答えましたが、「水道水をくださいと言われるのがオチよ」と女将。確かにそうですね。宿題を抱えたまま年を越してしまいました。

 

ココまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



以前、私もブログで書きましたが、

最近、こういう風景をよく見かけます。

 

食事の店ならともかく、飲み屋でそれはマナー違反だし、

「お客としての作法」があると、私も思うんですよね。

 

でも、それって「売り手都合」なのかなぁ。

 

「お客さんが来てくれるだけありがたい」と思うべきなのか?

 

飲酒率が下がっている今、そういうお客さんを取り込む

努力をすべきなのか?

 

う~~ん、よく分からん…。



飲食プロデューサー、中小企業診断士

河野 祐治 

 

このコラムに類似したコラム

どうせやるなら「テキトーニ」ではなく「テッテイテキニ」 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/01/03 18:15)

内容より根拠重視で! 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/09/20 13:23)

つけ麺店のポイントは大きく3つ 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/09/12 14:13)

「お客様視点」の難しさ 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/03/05 11:22)

繁盛店になるためには【根拠】が大事! 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/02/27 09:44)