気持ちいい家で暮そう!! - 戸建てかマンションか - 専門家プロファイル

野城 郁朗
株式会社アスナロデザイン 代表
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

気持ちいい家で暮そう!!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 戸建てかマンションか
住宅の役割

家の中で、気持ちよく過ごせるといいですね。

 
「気持ちのいい家」
気持ちのいい家ってどんな家だと思いますか?

 
・別荘のような環境の家
・家にいると癒される家
・使い勝手のよい家

 
どれも、正解です。
別荘のような自然豊な環境の中で暮らせれば、気持ちがいいです。
家の中でくつろげ、安心できる暮らしは、気持ちがいいです。
家の使い勝手が良くスムーズな暮らしは、気持ちがいいです。

 
さて、家は、雨風が凌げることが基本中の基本です。
原始の人間たちは、雨風を防げることで安心感を得ていたはずです。
しかし、文明の発達した人間社会にとっては、
家は、ただ、雨風が凌げればよい、というものではありませんよね。

 
「家にいることへの安心感」=「明日への活力」
例えば、雨漏りがする、地震で倒壊するのではないか、
冬の家は凍えるように寒い、子供が危険を感じる家
このように、家に不安を抱えていたら、安心感が得られるはずがありません。

 
安心感のない家で、明日への元気が養えるでしょうか?
今日の疲れを癒して、明日元気に会社へいけますか?
奥様は安心して家を守る気持ちになれますか?
家の基本は、こういうものであると思っています。

 
「明日への活力が湧く家」
これが、私の中で、家を計画するベースとなっています。
「明日への活力」って、どんな家って思われるかもしれませんね。

 
先ずひとつは、安心感。
次に「暮らしの豊かさ」「暮らしの楽しさ」
家を購入するだけでなく、その先にどんな暮らしが待っているのか、
これが、今の住まいに求められています。
この家を買うと、
「リビングでこんな暮らしができるのかぁ」
「家事をするのにとても使い勝手がよさそう」
「子供の様子がわかって安心」

 
家のクオリィテイや見た目だけでなく、
この家での暮らしをイメージすること。
暮らしの豊かさとは、抽象的ではありますが、
ひとつ、ひつとの安心感や暮らしやすさが、豊かさにつながります。
暮らしをイメージすると、きっと感じると思います。

 
皆さんにとっての「暮らしの豊かさ」「暮らしの楽しさ」
とは何か・・・・・・・・・
そして、それを、実現できる家に出会えると思います。

このコラムに類似したコラム

普段の生活をイメージする。 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/09/10 14:58)

和室って必要? 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/08/17 14:54)

あなたのお住まい、収納力は十分ですか? 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/07/27 15:19)

「思考」と「現実」は違う。家の計画 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/07/14 15:53)

≪アドキャストpresents*失敗しない住宅買い替えの秘訣 セミナー≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2016/02/08 10:26)