普段の生活をイメージする。 - 戸建てかマンションか - 専門家プロファイル

野城 郁朗
株式会社アスナロデザイン 代表
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

普段の生活をイメージする。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 戸建てかマンションか
マンションか戸建か

様々な家の広告やパンフレットの間取りを見ていると、
気づくことがあります。
キッチンの配置やスペースは特に気になります。

 
「食器棚はどのくらいの大きさまで置ける?」
「レンジ、炊飯器、家電製品はどこに?」

 
キッチンの背面がとても狭いプランがある。
冷蔵庫を置くと、レンジ台だけで、いっぱいになりそう・・・・。
「不便だろうなぁ~」こんなことを思います。

もちろん 逆に
「おっ!これは使いやすそうだ!」と感じることもあります。

 
これらは、日々の使い勝手を思い浮かべるとスグに想像できますよね。
特に、キッチンや洗面室は実用的な場所ですから、
日々の行動を思い浮かべるとイメージが湧きます。

この実用的に重要でもある部屋の
使い勝手が悪いと不満の多い家となってしまうのです。

 
家は、「価格、立地」の優先順位が高くなります。
これは家選びとして、先ず先に考えること。
これが、ある程度決まれば、次に間取りですよね。

 
家族構成に見合う間取りのタイプを探す。
1LDK・2LDK・3LDK・4LDK・・・
そして、各部屋の大きさ、収納量が気になります。
そして、キッチンなどの水周りの使い勝手。
部屋の広さのチェックは、当然ながら必須事項。

 
しかし、大切なのは、
その間取りにおいて暮しているイメージを膨らますことです。
今の暮らしをベースにして考え、
新しい家での暮らし方をイメージしてみる。

 
これには、夢を描くだけでなく、
実用性も含めて考えるとよいのです。

 
・朝、昼、晩の家族の行動。
・洋服・靴の量
・食器や調理器具の量
・家電の置き場をイメージする。

 
当然、あれもこれも、全てきちんと納まることはありません。
妥協は必要です。
この「妥協」実は大切なんですね。

 
「妥協」するというとマイナスイメージですが、
「妥協」することは、ご自身の中で優先順位を決定しているということ。
優先順位を考えて決めた家は、暮らしてからの後悔が少ないのです。
実用性における使い勝手を、先ずは考えてみてくださいね。

このコラムに類似したコラム

家選びは場所選び 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/10/15 11:33)

居心地のよい家 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/06/12 12:17)

気持ちいい家で暮そう!! 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/10/28 16:22)

洗面室を確認していますか? 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/10/20 10:37)

マンション戸境壁 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/10/08 14:08)