安心住まいのキーポイント(その五) - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

安心住まいのキーポイント(その五)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
安心住まいのキーポイント
今回は、8.尿失禁の住環境対策についてお送りいたします。


・尿失禁

尿失禁には切迫性(男性に多い)と腹圧性(女性に多い)などが挙げられます。

切迫性は尿意をもよおしてから、トイレまでの距離があったり衣服の脱衣に時間がかかり間に合わず失禁してしまうものなので、
 トイレを寝室に隣接
 動線を直線にする
 照明スイッチにホタル球(暗闇で補助灯がつく)を使用するか自動照明にする
 トイレ床に排水溝を設け洗浄可能にする
などの施設にすると解消されます。

腹圧性は睡眠中寝返りをしたり、くしゃみなど腹に力が加わったときに失禁してしまう症状です。

住宅内では、水周りの施設を部屋に隣接したり、換気しやすい環境にするとよいでしょう。

夜間ポータブルトイレを使用される場合、昼間は押入れにしまう状況も考えられるので、押し入れ内にも換気設備があると安心です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「安心住まいのキーポイント」のコラム

マンションの盲点(2012/03/23 23:03)

狭小住宅の採光と照明 3(2009/09/29 20:09)

狭小住宅の採光と照明 2(2009/09/28 21:09)

狭小住宅の採光と照明 1(2009/09/22 18:09)