売り手側の意識 - 戸建てかマンションか - 専門家プロファイル

野城 郁朗
株式会社アスナロデザイン 代表
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

売り手側の意識

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 戸建てかマンションか
マンションか戸建か

今回は、「売り手側の意識」についてです。
前にも書きましたが、買い手側としては、
知りたい部分でもあると思いますのでまた書いてみました。

「売り手」と「買い手」
この2つは、どう転んでも、同じになることはありません。
当然ですよね。売る方と買う方ですから。

 
売り手側は、どのようにお客様のことを考えているのでしょうか?
ある会社では、社員に、このように問う会社があります。

 
「あなたの給料はだれからもらっていますか?」
皆さんも一緒に考えてみてください。

 
社員A:会社です。
社員B:社長?
社員C:・・・・
社員D:“お客様”です。

 
「その通り!! お客様です。」
社員とこのようなやり取りをする会社があります。

 
お客様が家を買ってくれなければ、会社は成り立ちません。
もちろん、社員の給料も払えなくなるのですから・・・。
だから、給料はお客様から頂いている。

 
会社理念に「お客様に感謝をする。」という言葉がよく使われます。
しかし、実際に感謝の気持ちを表した会社が少ないのです。
忘れてしまっているのかもしれません。
毎朝、朝礼で「感謝する」と連呼しても、
毎朝の掛け声だけになってしまっている会社も少なくありません。
それどころか、とにかく、理不尽に契約を急がせ、お客様を困らせる。

 
本来、契約を急がせる、理由は、
「お客様にメリットがある」ということでなければ、いけないはずです。
しかし、現実は、ほとんどが、会社都合をお客様に妥協してもらっている。
これは、基本理念に反します。

 
もちろん、全ての会社が当てはまるわかではありません。
基本理念は、十分わかっているのですが、
どうしても、会社の売上のため、実績のため、
会社志向の「・・・・ため」が、
顧客志向を実現できなくしています。

 
これにより、買い手側は不信感抱くようになります。
よくない方向ですよね。本末転倒です。

 
しかし、「お客様に満足してもらうための家を造る。」
この理念がブレない会社もあります。
このような会社は、社長の顔が見える規模の会社が多いのですが!
売る手段について、全力の力を注ぐのではなく、
どうしたら、お客様が満足してくれるのか、
これに、会社全体で、懸命に取り組んでいます。
素敵な会社ですよね。

 
時代は変わっても、人の感情は変わりません。
このよう会社は、人から人に伝わり、
どんな時代でも、行列のできる会社になっています。

 
大手の住宅メーカーが、
「向こう3年、売上は期待しない。顧客への意識改革に取り組む」
と言ったら、凄いことになるでしょうね。
 

買い手側も安易に決定しないことでしょうね。
・今、契約すると、これだけの値引き。
・他の方が、待っているので、今契約してくれないと。
惑わされないことです。

 
自分自信の意思をしっかりともつこと。
考えてみてください。数千万円も払うのですよ。
なんで、安い営業されなくてはいけないのか?

このコラムに類似したコラム

言ったいわないを防ぐには! 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/07/26 17:04)

住宅営業はどんなことを考えているの? 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/07/08 15:48)

中古住宅 瑕疵保険の解りやすい動画! 西澤 照彦 - 1級建築士・宅地建物取引士(2016/10/04 10:09)

【GW特別企画】第1弾・消費税増税対策!不動産購入セミナー 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2016/04/24 16:47)

≪アドキャストpresents*失敗しない住宅買い替えの秘訣 セミナー≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2016/02/08 10:26)