住宅営業はどんなことを考えているの? - 戸建てかマンションか - 専門家プロファイル

野城 郁朗
株式会社アスナロデザイン 代表
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅営業はどんなことを考えているの?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 戸建てかマンションか
マンションか戸建か

住宅営業はどんなことを考えいるのか?
家を買う時、もっとも係わりがあるのが営業担当でしょう。

 
その営業担当の印象によって、家の印象にも影響します。
営業が一生懸命対応してくれれば、安心感がある。
しかし、営業への不信感がつのれば、家全体まで不安を感じてしまう。
だから、営業の役割はとても大事なのです。

 
さて、営業担当、どんなこと思って、先ず皆様と接しているのでしょう。
モデルハウス(住宅展示場)を例に考えて見ましょう。

 
皆様「営業」=「押し売り」と連想されませんか?
そして、こんなこと思います。
  ・営業がべったりと付いて、離れない。
  ・その後の営業活動が怖い。
  ・入店したら、でてこれない?

 
「営業がべったりと付いて、離れない。」
これは、どこのモデルハウスへいっても同じですね。

 
しかし、逆に、入店して、営業が、他のお客様に一生懸命で、
全く、自分に付いてこなかったら・・・・
きっと、腹が立ちますよね。
私なら、「もう、こない!」って心の中で叫んで、
(こころの中でですよ。さすがに言葉にはしません。・・・たぶん)
そして、資料だけもらって帰りますね。

 
ぴったりとくっ付いてくるのも嫌だし、
あまり、寄ってこないのも嫌ですよね。馬鹿にされてるみたいで。
最初は、営業と適度な距離感がいいのですが・・・・
これが、お客様側としての理想ではないでしょうか?

 
では、何で、営業はぴったりとくっ付いてくるのか?、
そして、何を思っているのか?

 
「契約」への見極めなんですね。
先ず!!お客様情報を引き出したいのです。
そして、「このお客さん、買えるかな? 買う気あるかな?」
色々な角度から、質問をして探ります。
営業は契約を取ることが仕事ですから当然ですよね。

 
しかし、お客さんとしては
「まだ、買う、買わないは、これから! ユックリみせて!」
このような胸のうちだと思います。

 
上手な営業さんもいるんですよ。
落ち着いて、ガツガツせず、空気を読みながら、お客様の心をひらかせる。
そして、気がつくと、お客さん自分自身から情報提供してしまっている。

 
営業は「売り手」お客様は「買い手」
立場が違いますから、お互いの意識が違うのは当然です。
これを受け入れて営業と接すると少し気持ちも楽になるかもしれません。

 
「営業」「お客様」お互いの立場を尊重して付き合えれば、
きっと良好な関係で契約まで勧めると思うのですが・・・・。

このコラムに類似したコラム

言ったいわないを防ぐには! 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/07/26 17:04)

契約後に他の家が気になるのはなぜ? 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/06/25 16:49)

≪アドキャストpresents*失敗しない住宅買い替えの秘訣 セミナー≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2016/02/08 10:26)

12/13(土)10:00~パナホーム×アドキャスト【無料】セミナー 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2014/11/16 16:43)

『新築マンションは買った時点で2割下がる』の嘘 後藤 一仁 - 公認不動産コンサルタント(2014/05/11 18:40)