第4回 「自分への投資、働く女性の特権」 - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

and Cs 代表
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

第4回 「自分への投資、働く女性の特権」

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
コーチング・ほんとのところ・経験談
 そのときの私にとって、いいこと尽くめのコーチングトレーニングプログラム。3年間で履修すればよく、自宅から電話会議システムを利用して学習する。通学の必要がない。仕事と家庭を持つ身には好都合だった。
でもそれには50万超の費用が。正直なところ、50万は大金だった。
 当時ベネッセには、社員の自己啓発目的学習に条件付で給付金を認める制度があった。私は、コーチングを社用に使おうと思っていたので、書類を書き、上司に決裁を仰いだ。一部だけではあるが給付金を受ける事ができた。
 一般に女性が働くことはハードルも高い。でも何か大金が必要なときに自力で払えるのは、私にとって誇らしいこと。自分のお金を自分の成長のために使える。私はプログラムに晴れて申し込んだのである。
 
 あとは時間の捻出だけだった。人間、好きなことにはとことん「なんとかできる」ものである。
 私の中の、「会社では使わない何か」が、私をコーチングの勉強にどんどん引き込んでいくのを、心地よく私は感じていた。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(パーソナルコーチ)
and Cs 代表

「傾聴力」が高まった職場では、組織の実力が劇的に変わります

「正しく聴ける力=傾聴力」を高めることにより、コミュニケーション能力が向上し、人間関係において、望ましい関係を構築することができます。コーチングの手法を用いた「人を伸ばす」研修により、個人の成長と企業の成長を支援しています。

カテゴリ 「コーチング・ほんとのところ・経験談」のコラム

ご無沙汰しています!(2014/03/29 16:03)

創業10年めのスタート(2013/02/22 18:02)