素直すぎる人間関係 - 性格・コミュニケーションの不安 - 専門家プロファイル

黒田 めぐみ
心理カウンセリング メンタルトレーニング 心理カウンセラー
東京都
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

斉藤ヒカル
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

素直すぎる人間関係

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 性格・コミュニケーションの不安
人間関係 職場の人間関係

心理カウンセラー黒田めぐみです。

今日もブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 :―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:

素直すぎる、真に受けやすいのが悩み

素直になれなくて(TVドラマじゃなくて)

・・・と悩んでいる方もいますが、

素直すぎることが、仕事上障害になることがあります。



職務上ためになる忠告を受けること。

アドバイスをもらうこと。

これを素直に吸収できることは、とても素晴らしいですね。

 

しかし、「叱責」「注意」という衣を着た、「中傷」の場合。

 

これを素直に吸収してしまうと、ココロが痛んできます。

だんだん自信もなくなってきます。



そのようなときの、話の聴き方です。

 

「同調」して、聴くのではなく、

「客観」して、聴くこと。

 

「同調」は、「私も同じように感じます。」

「客観」は、「あなたがそう感じているのですね。」

 

例えば、

 

◆―――――――――――

 

君の話し方、気持ち悪いんだよ。何とかならない?

これじゃ、お客さんにも嫌がられるよ。

 

「同調」=僕の話し方は気持ちが悪いんだ・・・。嫌がられるんだ。

 

「客観」=僕の話し方は、この人には、気持ち悪いと感じているんだ。

      この人は、嫌がられると思っているのか。

 

―――――――――――◆

 

「同調」より、「客観」のほうが、心的距離が遠くなります。

 

「自分はこうなんだ」「この人は、こう感じているんだ。」

 

ちょっと客観的になることで、対応策も考えられるかもしれません。

中傷から、身を守ることも出来るかもしれませんね。

 

素直すぎる方、真に受けやすい方は、

少し「他人事」のように話を聴いてもいいのではないでしょうか。

 :―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:―:

このような悩みをお持ちの方、心理カウンセリングで自己実現を応援します。

◎職場の人間関係の悩み

◎パートナーとの悩み

◎自信回復

◎コンプレックスの克服

◎トラウマ解消…など

問題の早期解決のお手伝いをしております。

その他お問合せ、ご質問はお気軽にどうぞ(無料)

M&Iカウンセリングルーム(東京洗足池)

03-3729-3001

このコラムに類似したコラム

相手に届く言葉でねぎらう 黒田 めぐみ - 心理カウンセラー(2010/06/18 11:01)

他人の悪口どうしましょう? 黒田 めぐみ - 心理カウンセラー(2010/06/24 11:04)

*欲しいものを受け取るには* 田中 よしこ - 心理カウンセラー(2015/09/02 10:19)

*嫌だと思う事を減らしていく* 田中 よしこ - 心理カウンセラー(2015/08/31 14:39)

ボコボコに凹むわぁ。 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/06/10 19:00)