工事契約完了しました。<港S-01> - マンションリフォーム - 専門家プロファイル

一級建築士事務所まんぼう 主宰
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

工事契約完了しました。<港S-01>

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. マンションリフォーム
事例 リノベーション(リフォーム)

昨日、去年より設計を進めていた「港S」の工事契約が、無事完了しました。

3社に見積もりをお願いしたところ、3社とも予算オーバーの見積もりが出てきましたが、何度かの打ち合わせを経て、大きな空間構成は変更せず、仕上げや家具を整理することなどで、無事、ほぼ当初の予算内にまとまることが出来ました。

今月下旬より解体工事に入り、2ヶ月ほどの工期で進んでいきますので、こちらで紹介していきます。

~「港S」は、テナントビルの1フロア(1室)をスケルトンからのフルリフォームプロジェクトです。

これまでも同じ場所で、ゆったりした個の時間と趣味の時間を程よいバランスで楽しまれているオーナーですが、長年暮らした住まいを一度リセットすることで、自分の時間やお友達を招いて過ごす時間がより楽しく、快適で心地良いものになるようにしたいとの思いからスタートしています。

そんなオーナーに対し、私達まんぼうでは、キッチンを含めた多目的に使える大きな空間を作り、その中に壁で仕切るのではなく、少し床レベルを上げ、目線の高さを変えただけのアルコーブ/就寝領域を作ることで、同じ場所の中にありながらも、少し性格の違う場所を領域として作ることを提案しています。
またその境界には、住まいには切り離せない収納を壁につけるのではなく大きな家具として置くことで、篭ることもできる、性格の異なる環境を作ることを計画しています。

リフォームの現場とあわせて、家具の詳細や仕上げのメリハリなど、予算内で実現するための工夫なども紹介していく予定です。

※写真は模型です。
奥のL字をひっくり返した形の箱がすべての面から使える収納で、奥の床の上がっているところがアルコーブです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
一級建築士事務所まんぼう 主宰

こだわりを大切に。住まうことが楽しく自慢できる快適住宅を。

快適な環境を取り込むのはもちろん、車、アウトドア、AV、犬猫との暮らしなど、家に対する施主のこだわりや敷地環境を十分に理解し、楽しむ拠点となる住まいをライフスタイルも含めて提案します。まずは住まいに対する思いをじっくりと聞かせてください。

カテゴリ 「事例」のコラム

家族の時間を楽しむ住まい(2012/11/01 11:11)

嬉しいこと(2012/10/29 12:10)

このコラムに類似したコラム

お手軽な「プチリフォーム」とは・・・ 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2012/07/15 12:00)

キッチン家具の製作 山崎 壮一 - 建築家(2010/07/24 16:56)

リフォームの打ち合わせ 信戸 昌宏 - 建築家(2014/03/07 12:00)

やっとここまで来ました。 信戸 昌宏 - 建築家(2014/02/25 12:00)