厳格化? 住宅ローン - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

不動産クリニック 株式会社常盤不動産 代表取締役 主席コンサルタント
東京都
宅地建物取引主任者
03-6410-3630
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

厳格化? 住宅ローン

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約

最近、日に日に融資(住宅ローンその他)の審査が厳しくなりつつありますあせあせ(飛び散る汗)

これも貸し渋りなのでしょうか?

いままでの審査であれば難なくパスしていたはずのお客様も、
金融機関から何かしら理由をつけ断られるケースが続出しています。

融資不成立による解約(ローンキャンセル)も頻出してます。



普通に考えれば返済不能に陥ることはまずないはずの経済状態の
お客様が、たとえば、

担保力不足
自己資金不足
カードローン・車のローンの債務並行
勤めている会社の財務内容
雇用形態

などの理由で断られるケースが頻出しているんですパンチ



銀行の担当者やローンセンターの担当者のレベルでは“問題なし”の内容でも、その先の保証会社がOKを出さないようです。


ローンセンター担当者自身もあまりの厳しさに面を喰らっている様子。



そこで、最近では物件を契約する前の段階で、事前審査をするケースが
増えています。
以前はパッと聞き問題なければ

契約→ローン審査

が多かったのですが

ローン審査→契約

という形に移行しつつあります。



ローン審査待ちにより、ほかの人に先に物件を買われてしまうことも
よく聞きます。
気に入った物件が出てきたら、結論が出る前でも融資事前相談をして
しまうほうが良いかもしれませんね。
まさにスピード命!!です。




なかなか難しい世の中になりましたねふらふら

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 宅地建物取引主任者)
不動産クリニック 株式会社常盤不動産 代表取締役 主席コンサルタント

不動産クリニック 不動産総合ドクター

不動産売買にはトラブルや落とし穴がつきもの・・・“重要事項説明”だけではそれらは回避できない。不動産購入売却は人生の一大イベント850件以上のケーススタディーに基づき、細心の注意力と最新の技術で“安全”“安心”“満足”を目指します。

03-6410-3630
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

フラット35の金利下がる 2カ月連続 山本 光浩 - 宅地建物取引主任者(2012/11/08 13:07)

「住宅ローン金利、最低水準」 後藤 一仁 - 公認不動産コンサルタント(2012/07/16 20:34)

住宅ローンが下りるまで。 久野 博 - 不動産業(2011/11/06 17:29)

鬼が笑うかもしれません。今年と来年これだけ違う。 久野 博 - 不動産業(2011/10/02 14:07)

住宅ローンや借入金返済にお困りの方の相談窓口です。 伊藤 光記 - 不動産コンサルタント(2011/09/28 17:21)