人脈を作るには - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

宮本 ゆかり
マイウェイネットワーク 
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人脈を作るには

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
夢を実現する力 私が“成幸”するまでに掴んだ教訓
先日、キャリアデザインセミナーに参加しました。

キャリアカウンセラーの先生がお見えになって、主にOL対象のセミナーです。

参加者はほとんど30代の女性。

みなさん、今後のキャリア形成について、いろいろ悩まれているようです。

今回は主に、人脈マップ製作というワークを重点的にやりました。

つまり、キャリアアップしていくためには、人脈が欠かせないというわけです。

そこで、自分にはいったいどんな人脈があるのだろうか・・・?と棚卸作業をしてみました。



人脈をマトリックスで分類すると、次の四つに分かれます。

1 メンター的存在の人 (悩みなどを聞いて心の支えになる人)

2 コーチ的存在の人 (自分を導いてくれる人)

3 ロールモデル的存在の人 (自分の目標となる人)

4 プロデューサー的存在の人 (自分を活かしてくれる人)


私の場合、短時間でパッと思いつくだけでも、15名は名前が挙げられました。

更に、四つに分類すると、だいたいバランスよく、どの分野にも力になってくださる方が存在します。

これは年の功もあるかもしれません。

意外だったのは、一人も名前が書き出せない参加者がいたことです。

その方の場合、今までずっと家族と職場の人間関係以外、付き合いを広めてこなかったそうです。

そのことがわかっただけでも、今回は大きな気づきだったとおっしゃっていました。



仕事がデキる人というのは、ほとんど社外に人脈をもっていて、それを活用しています。

人脈は、単にご縁があって名刺交換しただけでは生まれません。

その後の継続的な関わり合いが大切なのです。

折々に近況報告をしたり、ブログやメルマガなどを通じて自分の思いを発信したり、

時にはちゃんと会って食事をしたり・・・。

そういう努力もまったくしないで人脈を作ろうなんて、甘い考えです。

礼儀をキチンとすることも大切です。


そういえば以前、ある方が私のブログを見て、「会いたい」と言って来てくださいました。

私は基本的に来る者は拒まず。

初対面の人でも、けっこうオープンにお迎えします。

自宅に来てもらって、食事もお出ししました。

別に利害関係がある人でもないし、見返りを求めているわけでもありません。

私なりに、ご縁を大切にしているつもりです。

でも、ここで、最低限の礼儀を尽くせる人かどうかはチェックしています。

つまり、後でお礼のメールが来るかどうか?

残念ながら、この方は、何も連絡なしでした。

どんなに優秀で仕事の技能が高かったとしても、こういう方には人脈はできないと思います。