☆規格材・汎用材の多用 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

☆規格材・汎用材の多用

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●デザイナーズ住宅をよりローコストに ☆工法の選定
 建築資材には、流通価格が低値で安定している材料が多くある。OSBボード・針葉樹合板・ケイカル板・フレキシブルボード・MDF・木毛板・etc。
これらの材料は安価な為(安物臭い)、主に下地材としての利用しか注目されなかった。
 それらを仕上げ材として、使用する事に躊躇しなければ、新しい表現方法として活用できる様に思われる。
安土桃山時代に出来た茶室の多くは、今でも名建築として知られているが、使用されている材料で、高価なものは何もない。
 屋根は当時高価だった瓦葺きでなく、何処にでもある藁葺き屋根であるし、壁は漆喰壁は見当たらず、殆どが土塗り壁である。柱も角に丸みのある間伐材だし、床柱に至っては曲がりくねった、建築材料としては無価値な雑木である。
 安い材料を多用したから、安普請と考えるのは早計である。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●デザイナーズ住宅をよりローコストに」のコラム

☆工期短縮(2007/06/28 22:06)

☆ダブルスキン(2007/06/22 10:06)

☆屋上緑化(2007/06/22 10:06)

☆逆スラブ工法(2007/06/22 10:06)

☆2”x4”工法(2007/06/22 10:06)