☆逆スラブ工法 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

☆逆スラブ工法

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●デザイナーズ住宅をよりローコストに ☆工法の選定
 阪神大震災以来木造の基礎として、べた基礎が普及してきたが、建築コスト的には、コストアップ要因となっていた。べた基礎の強さを残しつつ低コスト化する為に考えだされた工法。従来のべた基礎は建物の底面全体を掘る為残土の処分費が多く計上されていた。また土台と地面を40cm程度離す
必要性から、立ち上がりのコンクリートを打設するのに、仮枠を多く使用した。
 逆スラブ工法は、外周部のみ地面を凍結深度以下まで掘り込み、コンクリートの立ち上がりの位置にスラブを配置した工法。その為残土が殆ど出ず、立ち上がりの仮枠も外周部のみで終わり、基礎工事費を1/4程度削減出来る。
 また、床下が無いので、地熱を利用できるシステム(サーマスラブ)も開発されている。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●デザイナーズ住宅をよりローコストに」のコラム

☆工期短縮(2007/06/28 22:06)

☆ダブルスキン(2007/06/22 10:06)

☆屋上緑化(2007/06/22 10:06)

☆2”x4”工法(2007/06/22 10:06)

☆集成材の利用(2007/06/22 10:06)