エコライフ研究所 中野博の講師物語 - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

株式会社エコライフ研究所 代表取締役
埼玉県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

エコライフ研究所 中野博の講師物語

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
ブランディング(指名検索されるために!) ストーリー
 こんにちは、中野博です。

中野博@プロフィール→ http://www.ecohouse.ne.jp/nakano/profile.htm


・稼ぐためには、ポジショニング戦略が重要です!




 わたしは、かなり戦略的に、今のポジションを作り上げており、
そのポジション自体を大きくする活動もしてきたのです。

 私が弟子の育成や認定講師プロジェクトをスタートしたのも、
この**[需要が多くあるのに、供給が少ない。] 

 だからこそ、専門家になり、プロとして稼げるんだと。

 しかし、何の専門家になるか どの立場で講師になるのか?

 ちなみに、私が提案しているポジショニング戦略の一つとしては、
あなたが、『問題提起をして、需要を創り上げて、供給を絞る!』
ことも一つのやり方です。

 つまり、希少性!を作り出すのです。*



 わかりますか?

 アラブの王様たちを見れば、何となく「あーー!」と思いませんか?

 『レアメタルや金などの鉱山』の地主の動きをみれば、わかりますよね?

彼らがやっていることって、供給を絞る事ですよね?(笑)


 では、個人でも、この希少性の法則があてはまるか、みてみましょう。

 例えば、浜崎あゆみや スマップや嵐(あらし)などは 
テレビで見るのは無料ですよね(もちろん、テレビ局が大金を払ってくれているので、
私たちは、無料で見られるだけですが)。
 
 それが、本を買うと、1,000円から2,000円くらいで、写真集は3000円台。
コンサートだと1万円前後になり、ディナーショーだと3万円を超えます。

 これが、講演に呼ぶとなると、100万円以上になり、専属契約すると、
1,000万円を軽く超えます!

 この違いはなんでしょうか?

 供給量と供給方式の違いではないですか?*



 有名人・タレントは個人として 極端に高い方々が多いのですが、
専門家もすてたものではありませんよ。

(明日へつづく)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 経営コンサルタント)
株式会社エコライフ研究所 代表取締役

環境配慮、環境貢献を軸にしたPR戦略のお手伝いをいたします

10数年間で、環境関係の取材・調査に莫大な費用を投資し情報を収集してきた、熱狂的環境ジャーナリスト兼環境ビジネスコンサルタント。テレビ、新聞、雑誌などの取材・執筆は160を超える、環境配慮・環境貢献におけるPR戦略のプロフェッショナルです。

カテゴリ 「ブランディング(指名検索されるために!)」のコラム

著者中野博のfacebookページ(2011/04/01 23:04)

中野博の著者facebookページ(2011/02/12 17:02)