屋根工事 3 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

屋根工事 3

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●エコノミーなエコロジー ☆屋根工事
ローコストタイプの外断熱屋根

画像は屋根の外張り断熱工法をローコスト化した案です。
タルキを1重しか設けず、その代り、屋根材を折板屋根にしまして、折板の山型部分の空洞を通気層にした案です。これでは、折板の谷部分の通気が取れない様に見えますが、実際は止め金等が間に入っている為1cm程度の隙間が空いています。又、金属屋根の欠点である雨音を押さえる為、耐水プラスターボードをルーフィングの下に敷きました。又、折板は結露防止用にペフ(防露材)を裏張りしたものをお勧めします。
実際の数値的なデータを取った訳ではありませんので、一般的な外張り断熱工法とどの程度、差があるのか判りませんが、実感として殆ど差は無いと思います。二階にいる時、通常の内断熱工法の家に感じる屋根面・天井面からの輻射熱を全く感じませんでした。
問題点は、折板は工場の屋根等に多く見られる安価な屋根材ですので、住宅用としては敬遠され勝ちな事です。安価でしかも、他の屋根材では決して出来ないような緩勾配の屋根も可能なので、デザイン的にもう少し研究されれば見直される時期が来る様に思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●エコノミーなエコロジー」のコラム

屋根工事 4(2007/06/03 10:06)

屋根工事 2(2007/06/02 07:06)

屋根工事 1(2007/06/01 21:06)