デザインのコンセプト - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

デザインのコンセプト

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ライフスタイル論
オールアバウトに参加させていただいて早1年半が過ぎようとしています。
気がつけば、周りは有名な建築家の先生が沢山で、私がリスペクトする方もおられました。

建築家に依頼されるお施主さんの特徴は、「自分のライフスタイルを知っていて、他人と同じものがイヤ」な方が多いような気がします。
住まいへのポリシー(健康住宅重視とか)を持っておられる方ほど、同じ考えを持つ建築家を探すのは大変かもしれませんね。。

住宅を設計するにあたり、多くの設計者はそれぞれ「コンセプト」をもってデザインしています。
たとえば、「家族がいつも集まる家」だとか「独立した二世帯がお互いを尊重し寄り添う家」だとかいろいろありますね(^^)
同じコンセプトをもつ建築家が見つかれば、イメージの共有がしやすく思い通りの住宅ができることと思います。

シンプルモダンな外観やスキップフロアのリビング、3階の露天つき浴室など夢は広がると思いますが、私のデザインコンセプトは「機能性重視」です。華やかなデザインがイタリア・フランス的ならば、ドイツ的実用性とでもいうのでしょうか(笑

後天性障害(事故により受傷したり病気による障害)をもたれた方の住宅は、見栄えの前に実用性が重視されます。最近はデザインも優れた商品・福祉用具など増えましたが、自分なりに工夫して暮らしておられる方も多いです。

華やかさと機能性を備えたデザイン
これこそが本当のユニバーサルデザインだと思っていますv

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフスタイル論」のコラム

介護福祉建築家のツール(2012/09/02 02:09)

今年の社会福祉士活動(2011/01/22 18:01)

増える独居障害者(2009/07/09 20:07)