ついに、「プライムローン」の延滞率も上昇! - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ついに、「プライムローン」の延滞率も上昇!

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんばんは!

さて、来年度予算の概算要求が、何と蓋を開けてみたら、過去最大の「90兆円」にまで膨らみましたね。

徹底した“無駄遣い”の排除を訴えてきた民主党ですが、いざ政権をとってみると、そう簡単には行かないようです。

「マニュフェスト」も重要ですが、ここはしっかりと「国の先行き」と「国民の生活」を考えた予算の使い方をしてもらいたいものです。


さて、マーケットは、“2番底”を警戒していますが、アメリカでは“新たな火種”が顕在化しています。

今まで、メルマガでは何度も指摘していますが、

「景気悪化」→「失業率の拡大」→「所得減少」→「ローン延滞率の上昇」

といった“負のスパイラル”が、現実のものとなってきました。


いわゆる低所得者向けの「サブプライムローン」が発端で、世界的な金融危機が引き起こされましたが、ローン全体からみれば、「サブプライム」は1割強の残高しかありません。

いま、問題となっているのは、普通の住宅ローンである「プライムローン」の延滞率が上昇し始めてきたことです。

4−6月期の「プライムローン」の延滞率は、前期比0.35%上昇して、“6.41%”にまでなっています。

それに合わせて、「カードローン」の貸倒償却率も、8月度は11.49%と過去最高に達しました。


失業率が10%近くにまで上昇する中、今後、「カードローン」並びに「プライムローン」の延滞率の上昇が非常に懸念されるところです。

特に、「プライムローン」の市場規模は、8兆ドルと言われており、今後の景気の先行きを予測する上で、目を離すことができない指標と言えます。


是非、皆さんも、今後この数値を、しっかり“ウオッチ”していただきたいと思います!


さて、本日メルマガの発行日です。

今回は、不況にも強い、今人気の「豪ドル建 元本保証ファンド」を紹介していますので、是非ご覧いただければと思います。
http://www.mag2.com/m/0000121186.html

それでは、夜はかなり冷え込む季節となりましたが、くれぐれも体調管理には万全を期してお過ごしください。

“インフルエンザ”も、じわじわと広まってきているので、お気をつけて!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム