松井秀樹と宮里藍の共通点 - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

宮本 ゆかり
マイウェイネットワーク 
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

松井秀樹と宮里藍の共通点

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
夢を実現する力 うまくいく人の本質を学ぶ
「常に大きな夢を持って生きていたい。野球人としてだけでなく、この星に暮らす者としての責任と自覚を持つこと。それが自分の生き方です」

これは、ヤンキースの松井選手の人生の理念を物語る言葉です。
この言葉に照らして彼を見れば、彼の言動や行動は、すべてそこから始まっていることがわかります。
松井選手は、子どもたちの憧れの選手となれるよう、一挙手一投足に注意を払い、いつも彼らの視線を意識してきたといいます。

松井選手の父親は、ベトナムの学校に、ずっと奨学金を寄付してきましたが、松井選手はそこに通う子ども達の里親になりました。
「この星に暮らす者の責任と自覚」という生き方に恥じない行動をしてきたのです。
彼の人生理念が、選手として、また個人としてのあり方を作っているわけです。

一方、女子プロゴルファーの宮里藍選手の優勝スピーチの中でよく聞かれるのが、「プロのゴルフプレーヤーである前に、一人の人間として、尊敬されるような人になりたい」というコメントです。
トーナメント会場のギャラリーの前だけではなく、ゴルフコース以外のいかなる場でも、素の人間として尊敬されることを目指しているのです。

二人のコメントで注目すべき点は、プロスポーツ選手としての活躍にとどまらず、一個人としての自分のあるべき姿を「公言している」ことです。

人生理念を持つことは、仕事でも生活でも、生きる姿勢を一貫して保つ指針を持つということです。

みなさんは人生理念を公言していますか?