耐震改修への興味 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

耐震改修への興味

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
賢く暮らそう塾 〜もしも〜に強くなるトレーニング
先日の能登半島地震での被害をみて、うちも対策をしなくてはと思われた方はどの程度いらっしゃるのでしょうか。

いろんな方とお話させていただいても耐震改修に関しては「まだ先だよ」とか「うちは潰れるときは覚悟してるから」などという声をよく聞きます。

地震で保険がおりるのは、地震保険に加入していて全壊や半壊(保険会社の基準を満たしたもの)と認定されたものです。

阪神淡路大震災では、緊急に国や自治体から補助金が下りた例がありますが大都心東京では住戸の数が多く多数の方は実費での修理・建替えが必要となるでしょう。

耐震診断はどこに相談に行けば?とあやしいリフォーム会社に頼んで騙されないよう、各市町村の「建築指導課」へ相談されることをオススメいたします。
行政によっては「耐震診断費」の援助をしてくれる機関もあります。

一方でマンションにお住まいの方は個人で調べるわけにもいきませんので、管理組合などに確認し分かってない場合は組合管理費で耐震診断を依頼されてはいかがでしょうか?

一戸建て・マンションに問わず、圧死による死亡が圧倒的に多いので、ご自宅のタンスや食器棚など倒れやすい物への対策を第一にお考えください。


大震災に関するコラム

http://profile.ne.jp/pf/yasuragi/column/detail/7188

http://profile.ne.jp/pf/yasuragi/column/detail/7429

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「賢く暮らそう塾」のコラム

水不足における住まいかた(2007/05/25 10:05)

一人暮らしと骨折(2007/02/27 00:02)