一人暮らしと骨折 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

一人暮らしと骨折

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
賢く暮らそう塾 〜もしも〜に強くなるトレーニング
普段なに不自由なく暮らしている方でも一番身近に起きえるケガ「骨折」をすると生活スタイルは一変します。

私もかつて一人暮らし時に左足くるぶしを骨折しギプスに松葉杖という生活を経験しました。
ユニットバスでしたのでトイレとシャワー浴はとても苦労した思い出があります。

皆さんがもし骨折をしてしまったらどうしますか?
通勤・通学は勿論、日々の身の回り(食事・トイレ・着替えなど)の動作は大変です。

ここでお年寄りの方や障害をお持ちの方が使用している「自助具」をご紹介いたします。
とても使いやすいものがいろいろありますので、ユニバーサルデザインの視点で、いざというときご利用ください。(ケガはないに越したことありませんが)

上の写真は「靴下・ストッキングエイド」と呼ばれ、手が足先に届かない場合靴下など履くとき使用します。

下の写真は「洗髪プール」と呼ばれ、寝たまま頭を洗えるグッズです。排水は下部のドレーンから出すことができます。

当時、このような製品がもっと普及していたら楽に暮らせたのにと思います。。。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「賢く暮らそう塾」のコラム

水不足における住まいかた(2007/05/25 10:05)

耐震改修への興味(2007/03/28 00:03)