金融危機で、マイナス何%? - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

金融危機で、マイナス何%?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える
これまでにQ&Aに投稿された方の中には、
この金融危機の中で、投資元本の5割〜6割減らしている方も
いらっしゃるようです。

リーマン・ショック後は、経済環境が激変して、
水が入ったバケツの底が抜けてしまったかのようです。

では、独立系FP事務所の相談者は、
今どんな感じなの?という点には、皆さん、ご興味が
あるのではないでしょうか。

もちろん、資産配分や投資時期は、個々の状況で異なりますし、
プライバシーもあり、具体的な内容等は明かせませんが、
平均的な方のケースで、
ざっくりと感覚的な数字を申し上げますと、

私の事務所では、一括投資をして持ち続ける
バイアンドホールド戦略の方は、
現時点で、投資元本のマイナス35%くらい、
ドルコスト平均法で積立投資を継続している方で、
投資元本のマイナス15%くらい、というイメージです。

この状況を考えると、確かに今は、厳しいですが、
投資・運用に、マイナス局面は、必要な要素で、
マイナス局面があることは、むしろ安心と考えています。

例えるなら、「よくしなる釣りざお」です。
「しならない釣りざお」は、一見頑丈そうですが、
負荷がかかり過ぎると、突然ボキッと折れたりします。

投資・運用の世界でも、絶対収益という考え方はありますが、
価格変動リスクを避けるため、信用リスクなど他のリスクを
取り過ぎてしまうことがあります。

長期投資で目指しているのは、大雑把にいうと、
10年〜15年で、投資元本の2倍くらいの地点です。

今は、大物が、釣り上がる前の「しなりきった状態」
と見ることもできます。

ただし、投資・運用の世界に絶対はありません。

これからの投資・運用に必要なのは、
過去の経験や知識だけではなく、
未来に向けた想像力やアイデアなのかもしれません。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

安心なサービスの選び方(2016/08/26 16:08)