住宅ローンの借換えをしたときの住宅ローン控除 - 確定申告 - 専門家プロファイル

税理士法人 洛 代表
京都府
税理士
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの借換えをしたときの住宅ローン控除

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
資産運用と税金
住宅の新築や購入などにあたって借り入れた住宅ローンを金利の低い住宅ローンに借り換えることがあります。

住宅ローン控除の対象となる住宅ローンは、住宅の新築や購入又は増改築などのために直接必要な借入金又は債務でなければなりません。したがって、住宅ローンの借り換えによる新しい住宅ローンは、原則として住宅ローン控除の対象とはなりません。

しかし、次の2つの要件のすべてに該当する場合には、 住宅ローン控除の対象となる住宅ローンとして取り扱われます。

(1) 新しい住宅ローンが当初の住宅ローンの返済のためのものであることが明らかであること。
住宅ローンの借り換えであることが明らかなものについては借り換え後もローン控除の適用は認められます。

(2) 新しい住宅ローンが10年以上の償還期間であることなど住宅ローン控除の対象となる要件を満たすこと。
償還期間については借り換え時点から期間が10年以上でなくてはいけません。


なお、住宅ローン控除を受けることができる年数は、居住の用に供した年から一定期間であり、住宅ローンの借換えによって延長されることはありません。

参考:国税庁HP

2008年分の確定申告をお引き受けします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(京都府 / 税理士)
税理士法人 洛 代表

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「資産運用と税金」のコラム

2011年度税制改正大綱(2010/12/30 02:12)