3回の設計のすえ・・ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

納谷建築設計事務所 
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

山崎 壮一
山崎 壮一
(建築家)
奥山 裕生
(建築家)

閲覧数順 2017年06月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

3回の設計のすえ・・

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
新横浜の住宅
その後、面積や内容の見直しをして、コンクリートと木造の混構造、純粋な木造と結局3回設計することとなりました。

時間は少々かかりましたが、オーナーにも満足していただける案が完成しました。

擁壁が崩れた時は正直どうなるかと思いましたが、とうとう漕ぎ出すことができました。こうなるともう走り続けるだけです。

現場は擁壁の解体、足下の杭打ち、積み直しと段取りよく進みました。それでようやく一般的な敷地という状態になったわけです。

安心して建物本体の工事に取りかかれます。地盤が悪い為、建物自体にも当然杭は必要でした。全部で7メーターの鋼管杭を29本。結構な本数でしょ。でもこれで安心です。

その後も現場は順調に進んでいきました。
無事上棟。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
納谷建築設計事務所 

「Why」を突き詰めると、家の本当の役割が見えてきます

例えば「ここに窓が欲しい」と思う気持ちは、記憶の産物でしかありません。欲しい「why」を突き詰め、家作りで答えを出すのが僕らの仕事です。家への思いを遠慮せず話して下さい。楽しくて新しい家を一緒に作っていきましょう。※僕が納谷兄弟の弟です

カテゴリ 「新横浜の住宅」のコラム

テラスの仕掛け(2007/02/17 00:02)

約束のフリースペース(2007/02/15 00:02)

視線と採光と照明(2007/02/13 00:02)

黄色い家(2007/02/11 00:02)

災難のすえ・・(2007/02/08 00:02)