与党税調答申本日公表、麻生色なしか? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

平 仁
ABC税理士法人 税理士
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年05月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

与党税調答申本日公表、麻生色なしか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
税制改正 平成21年度税制改正
与党税調の平成21年度税制改正答申が
本日公表される運びとなっている。

先日来、小出しに色々な情報が流れてきているが、
タバコ税の増税が見送られ、
消費税増税についても麻生首相が明言していた
3年後の増税方針は明記されない方向で固まっているという。

先月28日には、政府税調の答申が公表されているが、
政府税調は、昨年の自らの答申において明言していた
平成21年度に抜本的税制改正について一切の言及をせず、
全てを先送りにした。
今回、与党税調においても、抜本的税制改正については、
景気回復後に先送りする方針であり、麻生色のある税制改正の
目玉商品といえるものは、何もないようである。

YOMIURI ONLINE 2008年12月12日07:52記事によると、

政府・与党が11日、2009年度税制改正の焦点となっていた、
たばこ税の引き上げを見送る方針を決めたのは、支持率急落で
指導力が低下した麻生首相が、与党の反対論を
抑えきれなかったためだ。
(略)
与党では増税反対論が高まっていたが、財務省は首相の意向を
盾に正面突破を図ろうとした。10日の自民党税制調査会の
津島雄二会長、柳沢伯夫小委員長からの報告を踏まえ、
首相が増税検討の指示を出すーーという筋書きを描いていた。
しかし、同日の首相との会合で、柳沢氏は「景気対策で減税を
やろうという時に、何百億円のたばこ税にこだわるんですか」
と反発したという。首相は指示を出さず、財務省の思惑は
不発に終わった。
中川財務相が税調幹部との調整に乗り出すこともなかった。
2006年度税制改正でたばこ税引き上げを決める際、慎重だった
党税調の会合に谷垣財務相(当時)が出席し、幹部を説き伏せた
のとは対照的だった。津島氏は11日、記者団に「予算編成に絡む
話なら財務相が言ってくるなら議論してもいいが言ってこない。
首相の指示もない。」と、政府の根回し不足を批判した。


麻生色を打ち出して、指導力を示して頂かなければならない時に、
何も指示がないのでは、党税調も麻生色を打ち出しようもないであろう。
ただ、消費税の3年後増税方針については、首相就任当時から
明言していただけに、この点の見送りは、
選挙目当ての甘言に見えてしまう。

いずれにしても、与党税調の改正答申を読んでの話になるが、
公表前に聞こえてくる話からは、麻生色は見えてこない。

すでにここでも紹介している損益通算遡及適用事件のことも
ありますから、与党税調がどのような答申を示してくるのか、
来年1月からの適用予定の改正が入るのかどうか、
早急に見極める必要がありますね。