2016 カナダからのメッセージ-日本の生徒たちへ "The Person of The Year" - パーソナルコーチング - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
上林 登
上林 登
(パーソナルコーチ)
喜多見 明日香
喜多見 明日香
(パーソナルコーチ)
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2017年08月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2016 カナダからのメッセージ-日本の生徒たちへ "The Person of The Year"

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. パーソナルコーチング
科学に基づいた心理学から

タイム誌が、本当はこの人にしたかったらしい “The Person of The Year”

(あのアホトランプではなく)

そこに見えた 2017年への希望を書いてみます。 

みんなの将来への指針になればいいなと。

 

嘘つきが報われた年 2016年。

「な〜んだ、嘘ついてもいいんだぁ!」

事実が軽んじられた年 2016年。

「事実なんか無視して暴言吐いてもいいんだぁ!」

 

そんなおぞましい年が終わろうとしています。

おぞましく完全にふたつに割れた大きな国アメリカを、国境を超えた北の国カナダから眺めています。

 

イライラ・むかむか・ゴソゴソしながら。

 

アメリカの雑誌タイム誌が “The Person of The Year”に「事実無視の大嘘つき」トランプを選びました。

私自身が昔仕事をしていた会社タイムだけに、「なんでやぁ〜?!」と思わず怒鳴り込みたい気持でしたが、まぁ、毎年 “The Person of The Year” を選ぶ際の要因を深く読むと、仕方ないかなとも思えます。

(しかし、表紙を見るのも胸くそ悪いので、破いてしまいました!)

 

タイム誌が思わず “The Person of The Year” に選びかけたけど、惜しくも次席になった人たちがいます。

 

CRISPRの研究者たちです。

正に世界を変える研究をしている科学者たちです。

 

事実にもとづき、仮説を作り、観察・実験を行い、結果からまた仮説を作るというサイエンスの専門家たちです。

事実の上にしか何も組み立てられません。

嘘が報われることはありません。

(日本では、かの”女性科学者”の嘘で大騒ぎをしたこともありますがね。)

 

CRISPR とは、簡単に言うと、それを使うことにより、どんな種のどんなDNAでも見つけ、書き換えることが可能な「遺伝子操作のための道具」のようなものです。

しかも、簡単で費用が安いという「道具」に大きな注目が集まっているそうです。

長い名前は “clustered regularly interspersed short palindromic repeats”

 

“Palindrome” 前から読んでも後ろから読んでも同じ、な〜んて説明が入っているところからも、ただ者ではないな!と興奮してしまう「道具」です。

 

特に現在アメリカで行われているCRISPR を使った研究には大きな注目が集まっています。

末期がんの患者の T-Cells (免疫細胞の一種)を取り出し、CRISPR を使いそのT-Cells の遺伝子を変え、もっと強力にガン細胞と戦える Superfighters に変身させ、それをまた患者の身体に戻すというものです。

 

Superfighter T-Cells は、自分からガン細胞を探しに行き、こてんぱんにやっつけてくれることを期待して。

他にも、遺伝子の異常により引き起こされる病気や、HIV 感染者などの治療に大いなる効果があると期待されているのがCRISPR だそうです。

 

もちろん、遺伝子操作できてしまうCRISPRですから、悪用されるととんでもないことになります。

また、超肥満も遺伝子操作で治るか!などとの議論も巻き起こっています。

(遺伝子かなぁ、ほんとうに。)

 

この研究に出資しているのは、Silcon Vallery の起業家たちというのも大きく分断されたアメリカの中でも、ちょっとほっとするところです。

 

アホトランプが越権行為を嘘でごまかし、CRISPRを悪用し、金髪ハゲを止める研究室に科学者たちを閉じ込めたりしないか!

ま、アメリカの「事実に基づいた科学」の最前線で戦う科学者たちを見る限りは、大丈夫か。。。な。。。?


人類の歴史が大きく変わる日をもたらしてくれる CRISPR

その科学者たちが絶対 “The Person of The Year” だと思います。

 

2017年、科学がどう累乗進歩するか!

カナダから身を乗り出して凝視していきます。

 

Come Join Me, Students!!

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。Big History Project 指導 (カナダよりオンラインにて)

カテゴリ 「科学に基づいた心理学から」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 カナダ高校留学相談

カナダの高校への留学について、カナダ現地よりカウンセリング致します

料金
10,000円

日本で磨いた特別な技能を伸ばす高校留学。 カナダならではの柔軟な教育制度の中、個々に合わせたスキル・スポーツ留学をご相談下さい。 文武両道の技能を伸ばしますので、日本の教育下でトップクラスの成績を取っている方にも、カナダの一流大学への進学を見据えた留学が可能です。 カナダ在住で現地の教育界でのネットワークを持つ大澤眞知子が直接カウンセリングさせていただきます。 SkypeまたはGoogle Hangoutを利用予定。

カナダ高校留学相談

このコラムに類似したコラム

「隠れたアメリカ白人下層階級」が投票した大統領トランプ 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/11/10 06:41)

日本の若者に気がついてほしいこと「イギリスの末路=今の日本です」 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/06/30 01:16)

Whiny Right [ぐちぐち言う者勝ち]-トランプに見る白人社会 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2017/08/08 04:36)

カナダレポート Jun.10 [世界と日本の若者応援] 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2017/06/11 05:28)

カナダの[A.I.(人工知能)研究]に参加する留学 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2017/04/14 03:18)