運動は時間より質 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ダイエット!

ならカロリー消費!

と考えるのは自然なこと。

事実上これは適切。

しかし、、

現実には?

IMG_1019[1]
痩せない。。

なぜこれが起こるのか?

これにはそもそもの消費の概念に基づきます。

消費カロリーの70%は基礎代謝

この基礎代謝は
筋肉が40%消化が40%

つまり、大元の筋肉が少ないと
消費したくてもできない体質になります。

多くのダイエットでは
運動!食事!

これらに量を掛け合わせています。

たくさん動く!食べない。

これは自ら痩せない体質を引き出します。

このままではどんなに良いダイエットも
痩せない。

これしか出てきません。

痩せるダイエットに必要なのは

質!

この質とは?

まさに基礎代謝を増やすこと。

筋肉を増やす

これには短時間であることが必要不可欠

IMG_0854[1]

時間が延びるほど、たんぱく質の分解が進みます。

また、カロリーが足りなくなることも
筋肉がつかない原因。

これは食事にも関与します。

食べないことは
カロリーが足りない証拠。

脂肪を減らす筋肉がなくなる。

脂肪やりも筋肉の方が早く減ります。

どちらも減っていくので
傍目には痩せたように見える。

しかし、
実際は?

実に戻りやすい。

image
非常に太りやすい。

食べなくても太るということ。

運動は短時間!

基礎代謝を増やすことに専念

そして、食事では?

内容そのまま回数を増やす

4割を占める内臓の基礎代謝では
消化をたくさん行うこと。

これがポイント

食べるべきは
5大栄養素。

その中でも特に
繊維、たんぱく質

これらは消化にたくさんのエネルギーを使います。

これらを小分けにすること。

3回よりも5回と増やす方が効果的です。

むやみに量重視でダイエットしても痩せない。

と理解しているあなたはご参考に。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

こんなときに限って、、 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/11/17 19:00)

「食べた後に動く」が脂肪を増やす原因。 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/08 14:00)

ダイエット専用エクササイズ「ビッグ3」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/07/07 20:00)

ダイエット専用エクササイズ「ビッグ3」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/06/16 23:00)

糖質0が招く「下腹が出る原因」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/04/03 17:00)