障害者にやさしい家 6 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

障害者にやさしい家 6

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
バリアフリーのポイント
今日は埼玉建築士会で、清家清先生の作品「私の家」「続私の家」を見学してきました。

清家先生は私の好きな大建築家の一人です。

著書「知的住居学」「やすらぎの住居学」「ほんもの居住学」「やさしさの住居学」を時代のニーズに応じて執筆され、「やさしさの居住学」では老後に備えるアドバイスをされていて私の仕事においても参考にさせていただいております。

老後における住まいをどうするかとか、先のことを深く考える人は少ないかもしれませんが、中途障害を持たれた方たちにとって住める住宅にすることは人生に関わることです。

受傷され障害を持ったことの現実を受け入れられない方々への住宅改修や新築に携わり、快適な住環境を提供し喜ばれたときの充実感がありますが、その住宅を作品として世の中にさらけ出すのはご本人の気持ちも含め私は抵抗があります。。

「障害者にやさしい家」とはハード面だけでなく相手を思いやるソフト面が重要なのだと、清家先生の作品をみて再認識できた気がしました。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「バリアフリーのポイント」のコラム

谷啓さんと福祉住環境(2010/09/22 01:09)

2009 国際福祉機器展 2(2009/10/01 08:10)

2009 国際福祉機器展 1(2009/09/30 10:09)

今年の国際福祉機器展(2009/09/07 18:09)