塗装後のサイディングの隙間と穴 - 外壁塗装・外壁リフォーム - 専門家プロファイル

株式会社塗装職人 代表
神奈川県
塗装・防水
0120-382-361
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

塗装後のサイディングの隙間と穴

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. 外壁塗装・外壁リフォーム
塗装 外壁塗装

家の相談コーナーです。

このサイトで相談コーナーを設けています。

そこでのご相談内容です。

---------------------------------------------------------

ご相談メールを再現してみたいと思います。

ご相談は、外壁はサイディングで、塗装完了後に確認してみたらブツブツのような穴が開いていたということです。

どういうことでしょうか。

現状を見てみないとわかりませんが、文面だけを頼りに、塗装指導員が回答していきたいと思います!


~ご相談内容~


> ペンキは中塗り、上塗りがサーモアイウォールSi

> のND-210で下塗りがSDサーフエポです。

> サイディングボードには凹凸があり、横方向

> (地面と水平方向)に深さ1~2mm程度の

> 溝が5cm間隔であるのですが、その溝の

> 部分にプツプツと穴があいています。

> 穴の大きさは直径1mmもない程度ですが、

> 溝の部分はほとんどその穴があります。


おっしゃられているサイディングのイメージがわからないため、正確にはお答えできませんが、デザインとしての溝でしたら、下地まで突き抜けていないので、通常は気泡や穴が開くことはありません。

ただし突き抜けている場合は、下からの湿気などにより気泡が出る可能性もあります。



> 業者さんに聞いたところ、

> 溝の部分には多くペンキが入り込んでしまい、

> 気泡になってしまうとのことです。

> しかもND-210という薄い色は特にこういう現象が

> 出るとのことです。

> ただ、溝の奥は塗れているので問題ないそうです。


サイディングでよくあるのが、横の継ぎ目に塗料が途切れ途切れで埋まる場合です。

そのような場合は、穴というよりかは隙間がところどころに見えるようなこともあります。




> そこで、質問なのですが、

> 1.現場を見ていないのでわからないかもしれ

>   ませんが、本当に奥まで塗れているのでしょうか?


ごめんなさい。

こればかりは見てみないことにはいい加減なことがいえません。


> 2.プツプツがあっても問題ないのでしょうか?

>   サイディングボードやペンキは大丈夫なのでしょうか?


モルタルでは例がありますが、サイディングでの気泡の例があまりありません。

https://youtu.be/5O2-_nvEBSQ

もし本当に気泡なら、それをつぶしてタッチアップするのが望ましいとは思います。



> 3.穴を埋めて欲しいと言ったら埋めてもらえる

>   ものなのでしょうか?

>   今までの話した感じだと、問題ないからやら

>   ないと言われそうなのですが。。。


耐久性には、さぼど問題のないように見えますが、外壁塗装はそれと合わせて美観も大切です。

写真がない以上、これ以上のお答えが困難です。


> 回答ありがとうございました。

> 大変参考になりました。

> もしこのアドレスの返信で再質問が可能でしたら

> 写真を添付しますので見て頂けないでしょうか?


横目時の隙間 サイディング、シールのひげ


写真拝見しました。


サイディングの継ぎ目ですね。


穴が開いてますが、サイディングの継ぎ目の構造上、そこから水が入ったとしても、中まで侵入することはありません。

正確には、水が入ったとしても、上に水が登らなければ、それより中には水は浸入しません。


ただし縦目地の場合は入る可能性があります。


この穴は結論的には、塗料が行き届いていてないということになります。


ただ、横の継ぎ目は、元々隙間があるため塗料だけでは埋まり切らないことは、一般的にはよくあることです。


さらに耐久性にも影響を与えないものです。


もし埋めるのであれば、埋められる程度の軽微なシール処理をしてタッチアップにて仕上げられるのがよろしいかと思います。


※追記。ただし、この部分を完全に埋めることは、縦目地と同様にすべてシーリング処理することになります。元々、横の継ぎ目は新築当時から初めから存在するものです。


塗装でわざわざ埋めることは前提にはしていません。逆に隙間があったほうが下地の湿気を逃がすという点で良いという意見もあるので、意図的に埋める必要もないでしょう。


また縦目地のシーリングについて気になりましたが、今回の外壁塗装でシーリング交換処理をした前提でお伝えしますと、少々シールの仕上げ処理が雑です。


養生テープをはがす際に、シール材が一緒になって引っ張られて「ひげ」の状態になっています。


> 回答ありがとうございました。
> 大変助かります。
> もう一つご質問させてください。
> 繋ぎ目以外も穴が開いていると思われるのです。
> シーリングが写っていない方の写真です。
> もし、繋ぎ目以外で穴が開いていても問題ない
> ものなのでしょうか?
> お忙しいところ大変申し訳ありませんが
> よろしくお願いいたします。


縦目地やサッシ周りから以外の場所から水は浸入しないはずです。


写真をみてもそう思いました。


でも模様が深いようですね。


ただやはり美観的には、タッチアップがよさそうにも思えます。


無希釈の塗料だけでも埋まる気がします。


回答ありがとうございました。


本当に助かりました。


ということでした。
またのご相談お待ちしております!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 塗装・防水)
株式会社塗装職人 代表

一級塗装技能士を超えた「塗装指導員」7名

国家資格、一級塗装技能士の上級資格である「塗装科・職業訓練指導員」が必ず施工担当させていただく横浜にある塗装会社です。家の外壁塗装を検討されている方に、一級の技術、知識をご活用して頂いています。

0120-382-361
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「塗装」のコラム

塗装職人のリアル目線(2016/06/20 16:06)

25歳女子の工事現場(2016/05/25 15:05)

このコラムに類似したコラム

やってはいけない外壁のひび割れ補修 神奈川・東京塗装職人 - 塗装・防水(2015/01/09 22:00)

25周年、お客さまとの食事会開催 神奈川・東京塗装職人 - 塗装・防水(2016/11/19 16:00)

塗装女子りお、はじめての作業着 神奈川・東京塗装職人 - 塗装・防水(2016/11/21 18:00)

2016年6月 施工例 田中 徹正 - リフォームコーディネーター(2016/07/29 17:35)

2016年5月 施工実績 田中 徹正 - リフォームコーディネーター(2016/06/18 09:14)