チャレンジを怖がらない - コーチング全般 - 専門家プロファイル

黒木 昭洋
コーチ
BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

チャレンジを怖がらない

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般
マネジメント・リーダーシップ リーダーシップ

今までやったことのないことをやってみる、新しい仕事や環境に飛び込むなど、自分で経験したことのないことをチャレンジしてみる時には皆さんどうしますか?

いきなり取りかかってみる、綿密に計画を立てるなど、さまざまな取りかかり方があると思います。


いずれの方法をとるにしても、皆さんある程度は事前に「想定」をもって臨むと思います。

なぜなら新しいことに取りかかる時には、程度の差こそあれ不安や怖さを抱えることが普通だと思いますので。


そしてチャレンジする、実行するとなると思います。

そしてチャレンジを続けていると、それは想定通りに行くことが多いですか?

いかがでしょうか?


私の場合は想定通り計画通りに行かないことが殆どです。

(事前の見立てが甘いかもしれませんが)実行してみて初めて分かること、そしてそこから出てくる課題・問題…。

往々にしてこんなものではないでしょうか?

だからチャレンジは「怖い」のだと思います。


このように実行しながら課題・問題がでてきたときに皆さんはどう考えますか?

課題・問題がでてきたから大失敗だ!もうやめよう…、心が折れる・・・。

こう考える人もいるのではないでしょうか?


しかし課題・問題が出たということは、それを乗り越えれば、成功するチャンスだということもできませんか?

チャレンジ・実行してるからこそ、課題・問題も出るわけで、失敗もするわけです。


「課題・問題がでた」「失敗した」という事実は変わりません。

要は、それらを自分がどんな受け止め方をするかということが大切だと思います。

チャレンジ・実行しているからこそ、課題・問題も出るし、失敗もする。

それらを成功のための乗り越えられる「壁」だととらえると、課題・問題・失敗もポジティブなものだと思いませんか?


こう考えるとチャレンジも怖くないものと思えてくるように思えます。


今なら無料で相談が受けられます!

メールを利用しての無料お悩み相談を受付けております。

※月間先着で5名様までのサービスとさせて頂きます。

【無料】人間関係のお悩み相談室

【無料】ビジネス上のお悩み相談室

このコラムに類似したコラム

自分が怖いと思うことをやろう 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/04/29 11:02)

人が「成長する」とはどういうことだろうか? 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/01/12 10:00)

【帝王學の体験講座は満員御礼】 中野 博 - 経営コンサルタント(2015/10/17 10:00)

責任者と被害者 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/04/05 13:00)

習慣を変えるのは難しい! 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/02/20 19:00)