運用格差がますます広がっている - 資産形成 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

運用格差がますます広がっている

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産形成


自分自身の老後の年金を投資商品等選択する「確定拠出年金(401K)」
株高と円安のためにその「確定拠出年金(401K)」の加入者の利回りの格差が広まっています。
この2 3年の間に運用をしてない人は(元本確保型選択)の人はほとんど元本が増えていませんが、運用商品を選んでいる人は10%から30%の運用益を得ています。
弊社もこの制度を取り入れていますが、私もスタッフも20~30%のリターンを得ています。これをもし元本確保型に入れていたら・・・と思うとぞっとします。
リスクを取る人と取らない人でこれだけの差が出ています。
月々の積み立てについてはリスク性商品を選択しても、価格が下がれば口数を多く買え、将来商品の価格が上がれば資産が増えます。
投資に関する知識がますます必要になってきます。FPとして、運用に関する知識の提供を積極的にしていきたいと思います。  
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

政府が「積み立てNISA」の新設を検討 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/12/04 15:41)

流行の兆し iDeCo 大黒たかのり - 税理士(2016/12/02 11:10)

全額所得控除で大きな税軽減効果が魅力のiDeCo(個人型確定拠出年金) 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/09/24 11:36)

個人型確定拠出年金はなぜ普及が進まないか 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2016/09/20 16:34)

確定拠出年金 ~未来は自助努力次第~ 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/30 12:28)