ああ~もったいない・・・冬にトイレの暖房便座がOFFになっている店 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ああ~もったいない・・・冬にトイレの暖房便座がOFFになっている店

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般


「わあ~冷たい!!」

ある家電量販店のトイレを使用したときのことです。
私は、個室に入り洋式便座に腰を掛けた瞬間、思わず叫んでしまいました。

なんと、この店のトイレは、シャワー式の温水暖房便座を設置しているにもかかわらず、次のような告知をしてその便座のスイッチをOFFにしていたのです。

「地球環境に優しく!ECOを推進するために暖房便座のスイッチを切っています。みなさまのご協力を宜しくお願いいたします。」

地球環境に優しく・・・とても素晴らしいことです。そうしましょう。
ECOを推進・・・どんどん推進いたしましょう。
だから、
暖房便座のスイッチをOFF・・・なんで?私には意味がわかりません!

最近では、デパートや飲食店でも、トイレの洋式便座をシャワー式の温水暖房便座にしている所がとても増えています。外出先で洋式トイレを使うことが多い私は、シャワー式の温水暖房便座がある施設に対する好感度、満足度の数値が高く、それがあると言うだけでその店を利用するくらいです。

ところが、ごくまれに「シャワー式の温水暖房便座のスイッチをOFF」にしている所があるのです。
その理由が、「地球環境に優しく」と「節電」。

たしかに、節電は地球環境のためのとても良いことです。
無駄な電力の使用を止めて、地球環境に優しくしていくことはとても大切なことだと思います。
しかし、多くの一般人は、それが「エコをだしにした自分達の利益獲得のためのエゴ」であることを見抜いています。

そもそも、シャワー式の温水暖房便座は、何のためにあるのでしょうか?
シャワー式を使用することで、お尻の衛生レベルを高めるためです。紙で拭くよりも水で洗う方が汚れは取れますからね。それが、温水ならば更に汚れが取れやすいのです。
さらに、暖房便座は、冬の寒い日にも安心して快適にトイレを使用できるのです。精神的にも肉体的にも負担が軽減されるのです。

でも、この暖房便座・・・電気を使用します。
1ヶ月で500円から700円程度の電気代がかかるのです。

電気を使うと言うことは、単に「地球環境に優しく」と言う観点から考えると、これは「ゼロ」にしたいですよね。
でも、それは「無駄」であるときのことです。
「無駄」はゼロにすべきですが、「必要」なものは、ゼロにすると、「不満」になるのです。
利用するお客様の気持ちも考えないといけないのです。

もちろん、お客様のことも地球環境のことも自分達の利益のこともきちんと考えているところは、シャワー式温水暖房便座のスイッチをオフにするようなことはしません。
彼らは、「待機電力を節約するために便座のカバーを閉めて下さい」と言う告知をしています。
これで、15~30%の電気を節約できるからです。
これだと、「あ、この店は、無駄を無くして地球に優しくしようとしているな」と好意を感じます。
しかし、全面的に電源を切っている店だと、「なんてサービスの悪い自分勝手な店なんだ!」と怒りさえ感じてしまうのです。

前出の家電量販店は、なんと、女性用トイレの暖房便座の電源もOFFにしています。
きっと、男性の偉い人が決めたのでしょうね。
きっと、このこれを決めた偉い人は、冬場に便座に座って用を足すことはしないのでしょうね。
だから、それがどんなに辛くて、不満になるのかと言うことに気がついていないのでしょう。

月700円を節約した結果、たくさんのお客様が不満を覚える。
そして、そう言うお客様は、すぐ近くの別の家電量販店を使うようになる・・・
その結果、売上は間違いなく減少しているのです。

もったいない、と思いませんか?

さて、このような店だけではなく、実は、多くの企業で、事務所のトイレの電気代を節約するためにシャワー式温水暖房便座の電源をOFFにしています。
でも、そのことによって、女性従業員の満足度が低下しているのです。
月700円節約できた結果、満足度が低下して生産性が低下する・・・


ああ~もったいない。

※ちなみに、冒頭の「エコポスター」は、アスクルのホームページ から無料でダウンロードできます。 他に、経費節約のための告知ポスターがたくさんあります。参考にして下さいね。

http://www.askul.co.jp/f/green/service/ecoyobi.html

※「店舗力診断」「従業員満足」「ミッションPDCA」に関するご相談、従業員満足度調査、セミナー、研修、売上アップコンサルティングなどについては、弊社までメールかこのホームページの「お問い合わせ」「お気軽にご相談下さい」から、お問い合わせ下さい。ご連絡をお待ちしております。

 

いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして
人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


■松下雅憲の著書について詳しくお知りになりたい方はこちらの画像をクリック!

■松下雅憲への「コンサルティング依頼」「講演・セミナー・研修依頼」についてはの公式ホームページへどうぞ

■松下雅憲が紹介されたページはこちら


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

ああ~もったいない・・・思わず注文したくなるような商品説明が出来ないスタッフ 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/02/18 04:34)

ああ~もったいない・・・ぬるいジュースを販売しているジューススタンド 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/02/17 06:40)

ああ~もったいない・・・お冷やがぬるい店 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/02/16 06:40)

ああ~もったいない・・・本部から送られたPOPだけで販促告知をしている店 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/02/15 06:44)

ああ~もったいない・・・キビキビとしているが雑な接客をするスタッフ 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/02/12 05:24)