景観計画を考える その1 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

景観計画を考える その1

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ライフスタイル論
先週末、埼玉県草加市における景観計画についての説明会が設計・施工者に対して行われました。

草加市といえば「せんべいの街」で昔、日光街道の宿場町でもあったため、松並木や旧家屋など文化財が沢山あります。

一方で都心からも近い場所柄、マンションや分譲住宅などの開発も進み、街の景観はバラバラになってきました。

そこで数年前から市民と役所が一体となって街づくりや草加宿の復元など、条例づくりのための計画を盛んに行ってまいりました。参考にした街は「小江戸 川越」も含まれています。(画像下は川越の案内図)

平成20年10月1日施行の条例では、今後確認申請を出す物件すべてに適用される色彩審査と大規模物件に適用される''形態・意匠と色彩''審査があります。

驚いたのは指定色彩色です。アースカラーが基本とされ、マンセル表色系の約115色が決められています。(画像上)

シンプルモダンでガルバリウムの一部をビビッドな赤にしたり、南欧プロバンス風の''カラー瓦''にしたりはできない時代となりました。

この色彩に限定されるのは私も最初は反対でしたが、数十年後を考えた街並みを考えると良いことなのかもしれませんね。。

次回は、話に出た「小江戸 川越」の伝統的街並みをご紹介いたします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフスタイル論」のコラム

介護福祉建築家のツール(2012/09/02 02:09)

今年の社会福祉士活動(2011/01/22 18:01)

増える独居障害者(2009/07/09 20:07)