世話焼き女房のホンネ - 夫婦・家庭の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

世話焼き女房のホンネ

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 夫婦・家庭の不安
夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。

 

人は、自分が心底「欲しい!」と望んでいることが叶いそうもないとき、自分でも気付かないうちに、その望みを抑え込み、代わりの望みを満たそうとすることがあります。

 

手に入れられそうもないモノを欲しい欲しいと求め続けるのは辛いですから、代わりの欲求を満たすことで、自分に折り合いをつけようとするんですね。

 

ということは、私たちが欲しいと思っているものは、実は私たちが心から求めているものとは別モノかもしれないということです。

 


さて。

 

世話焼き女房って、いますよね。

 

本当に世話を焼くのが好きで好きでしょうがないという人じゃないのに、まるでお母さんのように夫の世話を焼いてしまう・・・

 

この人の表向きの望みは

 

「夫を思いやりたい」

 

というものですが、もし、どんなに世話を焼いてもちっとも満たされないのであれば、本当の望みは別のところにあるという見方が出来るかもしれません。

 

よくあるケースですと

 

「夫に支えて欲しい」

 

とか

 

「夫に守って欲しい」

 

という望みを抱いているというもの。

 

でも、夫が全く頼りにならないと、その望みを抱き続けるのは辛いですから、そんな望みを抱いていることを否定します。

 

そして、支えて欲しいのに支えてくれない夫、守って欲しいのに守ってくれない夫に対し、不信感を募らせていきます。

 

信頼できないから、手を出したくなってしまうんです。

 

「この人には、とても任せちゃおけない」

 

って、過保護なお母さんみたいに先回りして、あれこれお世話してしまうんですね。

 

でも本人は

 

「私は夫を思いやりたい」

 

という気もちから行動していると感じています。

 

だけどちっとも満たされない。

 

そのうち

 

「私は何のために結婚したんだろう」

 

って、毎日が虚しいものになっていきます。

 

 

自分から望んで夫の世話を焼いているにも関わらず

 

「私はあなたのお母さんじゃありません!」

 

と怒ってしまう人は、ご自分の本当の望みを探ろうとしてみてください。

 

そして、その望みが満たされずに、どんな気もちなのかも感じてみましょう。

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

 

 

このコラムに類似したコラム

【お悩み相談】私は風邪もひけないのでしょうか 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/02/19 20:00)

愛するよりも、愛されたい 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/01/24 19:10)

母親に守られ過ぎた子 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/10/21 19:36)

【ご感想】優しい気もちが増えてきたような気がします 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/10/01 23:00)

夫を正論でねじふせてしまうときの対処法 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/09/30 21:03)