真のプロフェッショナルとは? - コーチング全般 - 専門家プロファイル

黒木 昭洋
コーチ
BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
上前 拓也
上前 拓也
(パーソナルコーチ)
中川 淳一郎
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

真のプロフェッショナルとは?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般
キャリア形成 プロフェッショナル


先日ある方から、「直感と科学」を大事にしなさいというアドバイスを受けました。

もう少し噛み砕いて言うと、

「人が直感で正しいや間違っていると感じていることは、だいたいあっている。大事なことはその直観力を磨くことと、その直感があっていそうか間違っていそうか、再現性を得るためにはどうしたらいいかという科学的なものの見方である」

ということです。

右脳と左脳をバランスよく使いなさいということですね。


では「直感」とはどうすれば磨けるのでしょうか?

「科学」とは何でしょうか?


直感力を磨くには?

私の私見ですが、直感力を磨くためには2つのことが大事だと思います。

・良質なインプットをし続けること

・アウトプットをすること


この2つによって脳を鍛えることによって直感力が養われると思います。

例えば、子供のころに漢字はどのように覚えましたか?

辞書で調べて(インプット)、ドリルに書く(アウトプット)ことをして、覚えて直感のレベルで書けるようになるというプロセスではなかったですか?

インプットとアウトプットのイメージはこのような感じです。


ではインプットとはなんでしょうか?

アウトプットとは何でしょうか?


例えば、

・本で読んだこと(インプット)を、実際の仕事で使ってみる(アウトプット)

・社外の人から聞いたアイディアを(インプット)、社内に合うように変えてそのアイディアを実行してみる(アウトプット)

・勉強会で得たこと得たことを(インプット)、実際に社内んメンバーにフィードバックする(アウトプット)


このようにインプットとアウトプットを繰り返すことで、反射的に「良いものはよい、悪いものわるい」という反射に近い「直感力」が養われるのではないでしょうか?


科学とは?

これは「論理性」「ロジック」と言い換えてもいいかもしれません。

つまり直感したことを、「なぜそう思ったか?」と考える力です。


このことによって「なんとなく感じたこと」を「人に説明できる」というレベルに噛み砕くことができると思います。

では論理性を持つためにはどんな視点を持ったらいいでしょうか?

それは「深さ」と「幅」を持って物事を説明するということだと思います。


深さとは何か?

それは現象がなぜ起こったかという因果を説明したり、その現象は本質的にはどんなことかを説明することだと思います。


幅とは何か?

その現象を説明するのに、抜けなくもれなく説明できるかということだと思います。


例えば、Aという商品が売れるという直感を持ったときに、

「深さ」何故売れるかという、その根拠を市場や製品の機能から理由を考える

「幅」とはその根拠である要素(市場、製品、そのほかにないか)を考える


ということが科学だと思います。


直感と科学、一見相反することですが、これをバランスよく行き来することができる能力を持っている人こそが、「プロフェッショナル」と呼べるのではないでしょうか?


今なら無料で相談が受けられます!

<無料サービス>

メールを利用しての無料コーチングサービスを提供しております。

※月間先着で5名様までのサービスとさせて頂きます。

【無料】メールコーチングサービス

<その他のコラム>

悩み相談

マネジメント・リーダーシップ

コーチングとは何だろう



このコラムに類似したコラム

今、何点か 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2015/08/07 18:10)

決めつけることで良いことがある 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2015/03/31 18:55)

運命と選択 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/04/01 19:00)

考える力をつける=行動をすること 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/03/04 19:00)

心を健康に保つために 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/01/27 19:00)