無償で借りている土地の評価と小規模宅地の特例 - 相続税 - 専門家プロファイル

谷内 修一
谷内修一税理士事務所 
神奈川県
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

無償で借りている土地の評価と小規模宅地の特例

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 相続税
小規模宅地の特例

土地を無償または固定資産税相当額程度の賃料で借りている場合、使用貸借契約とされ原則として借地権等の考慮をせずに自用地として評価することになります。

たとえば、別居している子供Aが父から甲土地を借りてアパートを建設している場合、土地の固定資産税を子が負担していたとしても、相続が発生した場合は、甲土地の評価は貸家建付地として評価するのではなく、自用地として評価することになります。

つまり、貸家の事業を行っているのは子Aであり、父の土地を使用させているにすぎないため父の相続財産評価に当たっては、父と子Aとの使用貸借契約の関係のみを考慮して甲土地は父の自用地として評価することになります。

 

また、甲土地は小規模宅地の特例に規定されている、居住用宅地、事業用宅地に該当しないため、小規模宅地の特例の適用を行うことができないこととなります。

このコラムに類似したコラム

小規模宅地等の減額の改正(減税) 大黒たかのり - 税理士(2014/08/21 17:10)

小規模宅地等の面積制限の改正 大黒たかのり - 税理士(2013/02/22 08:51)

贈与をしても贈与税が課税されない場合って? 近江 清秀 - 税理士(2012/07/10 08:00)

相続税8割以上が申告漏れ 大黒たかのり - 税理士(2011/11/17 11:25)

結婚にまつわる節税その4~「小規模宅地等の減額」(3) 高原 誠 - 税理士(2011/09/05 09:12)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!