小規模宅地等の減額の改正(減税) - 相続税 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

小規模宅地等の減額の改正(減税)

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 相続税
税金

小規模宅地等の減額とは、相続により取得した財産のうち、その相続の開始の直前において被相続人等の居住の用に供されていた宅地等又は事業の用に供されていた宅地等のうち、一定のものは限度面積までの部分については、相続税の課税価格に算入すべき価額の計算上、一定の割合を減額します。

 

居住用の宅地等の場合は、240平米まで80%減額、

事業用の宅地等の場合は、400平米まで80%減額、

とかなり有利な制度となっています。

 

 

(1)改正その1

平成27年からは居住用の宅地用の限度面積が240平米から330平米と拡大されます。

 

(2)改正その2

平成27年からは居住用330平米、事業用400平米がそれぞれ併用可能です。

つまり、居住用で330平米80%減額と事業用で400平米80%減額が可能です。

(現在は2以上についてこの特例の適用を受けようとする場合の限度面積合計が400平米)

 

 

相続税は基礎控除の引き下げで増税ですが、小規模宅地等の減額のように減税となる改正項目もあります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

流行の兆し iDeCo(2016/12/02 11:12)

まだ間に合う今年の節税(2016/11/30 15:11)

ていないしんし?(2016/09/14 18:09)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

遺産相続で最初に確認すべきポイントは 大黒たかのり - 税理士(2016/08/23 07:51)

不均等相続が一番! 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2014/12/27 13:13)

相続時精算課税適用対象者の範囲の改正 大黒たかのり - 税理士(2013/02/21 09:00)

相続税の基礎控除の引き下げ 大黒たかのり - 税理士(2013/02/19 09:00)