最後の詰めが肝心。―夏の高校野球の思い出― - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

上津原マネークリニック お客様相談室長
山口県
ファイナンシャルプランナー
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最後の詰めが肝心。―夏の高校野球の思い出―

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
ライフプランの心 夢の実現
おはようございます。
山口県のファイナンシャルプランナー、上津原です。

夏の高校野球も甲子園で熱戦が始まっています。読者の皆さんの中にも、高校野球の応援をされたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さて、今日のテーマは「最後の詰め」についてです。

甲子園出場をされる高校にとって、究極の目標は
「優勝すること」
に違いないのですが、その前には、
「悲願の一勝」
という大事な大事な通過点があります。

私の通っていた母校が、21年前に甲子園出場を決めました。
そして今日のような暑い日の最中、私は学ランを着て裸足のまま、甲子園のアルプススタンドで応援をしておりました。

対戦相手は東海大山形でした。試合前は対戦相手優勢と伝えられていましたが、試合は8回の裏まで、1−0で母校が1点リードしていました。

9回の表2アウト。次のバッターを打ち取りか三振にするかしたら母校の勝利です。

打球はピッチャーのまん前に転がって行きました。
1塁側アルプススタンドでは歓喜の声が上がりました。

ところが、
ピッチャーが慎重を期してファーストへ投げた球が、大きくそれてしまったのです。

その後、連続してヒットを打たれ、1−2と逆転されてしまいます。

9回の裏、母校も必死に反撃しましたが、
試合は1−2で惜しくも負けてしまいました。

何事も、
「最後の詰めが肝心。」
といわれますが、あの時ほど意識したことはありません。

その時のピッチャーも、今は立派な経営者としてご活躍中です。そして、一球の重みを教えるため、母校へ野球を教えに行かれています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフプランの心」のコラム

叶う夢 叶わない夢(2016/09/28 12:09)