「日本の労働力人口が42%減少!」 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「日本の労働力人口が42%減少!」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
お金の基本

こんにちは!

さて、先日内閣府が長期労働力人口の予測をまとめました。

それによると、今後、女性や高齢者の社会進出が進まなかった場合、46年後の2060年に、日本の労働力人口は3795万人と、現在より42%も減少すると試算がなされました。

 

さらに、女性の労働率が先進国最高のスウェーデン並みになり、なおかつ60歳以上の労働者の引退年齢を5年遅らせたとしても、労働力人口は4792万人と2013年比で27%の減少と試算しています。

 

そして極めつけは、合計特殊出生率(いわゆる出生率)が、2012年の1.41から2.07にまで回復したケースであっても、労働力人口は5407万人で18%減少するとしています。

 

正直、出生率の“2”台は到底無理だと思いますし、スウェーデン並みの女性の社会進出も簡単にできることではありません。

 

従って、すでに人口の自然減少が始まっている日本においては、今後、労働力人口をはじめとする人口減少が加速度的に高まっていくと言えるでしょう。

 

残念ながら、人口問題は、一朝一夕に解決できることではありません。

 

従って、「国の運営」、「企業の経営」、「個人の人生設計」など、中長期スパンで臨まなければならない重要事項については、このことをしっかりと頭に入れてプランニングをする必要があるでしょう。

 

とはいえ、まずは、人類、そして日本にとって最も大切なこと、それは

「子供達をしっかりと育てていける環境を作ること」

です。

次の“100年”を考えたときに、我々が取り組まなければならない課題なのではないかと、強く感じる今回の人口予測発表でした。

 

それでは、今週末も穏やかな日々をお過ごしください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

「出生数増加、しかし人口減少は続く!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/01/08 12:47)

「教育への支出、日本最下位!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/12/25 16:10)

「極度の貧困層の子供 3.85億人!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/10/14 11:57)

「日本の競争力 8位に後退!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/10/07 12:33)

叶う夢 叶わない夢 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/09/28 12:03)