高校留学の現状と将来 - 海外留学・ホームステイ - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

高校留学の現状と将来

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外留学・ホームステイ
留学

高校留学についてお問い合わせをいただきました。

年間何件もの方から相談を受ける内容です。

よ~く自分のことを分析し、一生の悔いにならないような選択をしてください。
参考になればと、いろんな視点から回答してみます。


私は現在高校一年生の者です。

海外に関して本当に興味があり、もっともっと自分の知らない世界を見たいと思っています。今通っている高校は進学校と言われるのにもかかわらず、授業中もスマホをいじっていて、将来の夢や、社会に対してあまりに無関心です。このままここにいつづけていいものか?と最近、心底悩んでいます。また、なんとなく大学に行って日本の企業に何となく行く、とかそういうことは自分のしたいことじゃないです。
それなら海外の高校に行って、スキルをつけるための専門学校に進学し、就職するほうが自分に合うと思っています。
だけど高校留学はデメリットの方が多いと聞きます。
実際にこのような動機で行っても成功しないでしょうか?

 

まず、過去にいただいたご相談への回答を読んでみて下さい。

高校留学

ちょっと溜息が出ますね。 
そうなんです、高校留学は非常に難しいです。

よほど条件が整わないとお勧め出来ない選択しです。

お尋ねの内容を考えると、英語圏での勉強への準備をしながら今の高校を卒業し、そのあと自分の能力に合わせ英語圏の教育機関を決めることがベストだと思います。

特に、まったく基礎知識も準備も、現地での信頼できるコネクションもなく、「日本の学校が嫌だから、日本の教育制度はおかしいから留学したい!」はほぼ100%に近い確率で惨憺たる結果となります。

(Sorry!  20年の経験から言える事実です・・・)


なぜでしょうね。

高校留学は「うまくいかなかった日本」からの逃避に使おうとするからです。

「うまくいかない」のには、必ず自分にも責任があるはずです。
日本の教育制度が時代遅れで、子供の能力を奪ってしまうものであることも理解しています。

しかし、今自分がその中にいる以上は、そこで出来るだけのことを達成することが必要ですね。
それも出来ずに、「教育制度が悪い。」、「先生が悪い。」、「だから自分はうまくいかなかった。」
と、思っているなら大間違い。

自分のやる気のなさは、環境のせいではなく、自分の性格だとまず認識し、それを直すことが必要ですね。、

母国語が通じ、親もおり、友達もいるこの自国の環境ででも、何かを達成出来ない状態で、まったく環境の異なる外国に行くことは、「よたよた歩く3歳児を、車がぶ~んぶ~ん行きかう交通量の激しい高速道路に置き去りにする」よりも危険だと思います。

悪いところが必ず助長され、もっとひどい形で表面に出てきます。

環境を考え直したあとは、「高校留学」の定義を考えて下さい。

「高校留学」とは、「英語圏の学校で英語で勉強する」という定義です。

つまり、英語圏で生まれ育った、英語を母国語とする同年代の子供と同等の英語力、常識が必要だということです。

そこで初めて、同じクラスで席を並べて勉強出来ます。
そこを明確に認識することから、「高校留学」が果たして自分に可能なことなのかを考えて下さい。

確認点:
1) 今までに英語圏の教育制度に合わせた準備をして来ましたか?
2) クリティカルシンキングの基本は身についていますか?
3) Reading は大体英語圏の中学生レベル、writing はまとまったopinion essay が正確に書けますか?
(*日本の学校で教えている英語では間に合いませんよ。 日本人向けのテスト、英検・TOEIC のレベルなどもまったく役に立ちませんよ。)


その次に認識が必要なことは、「まだ大人の助けが大きく必要な年齢」にも関わらず、親もとを離れる」事実です。

確かに、ホストファミリーや、指定後見人などが現地には存在します。

しかし、同じ日本の常識を共有し、親のようにあなたを守ってくれる大人はいませんよ。
ホストファミリーとは、金銭的に契約を結んだ同居人としての付き合い方を覚える必要があります。

ひとりの独立した人間として精神的に自立出来る能力が必要です。
15歳程度には、かなり難しいことですが、留学を選択するなら必須の能力です。


「高校留学」をなぜか希望する親も問題です。
学校などでの子供の問題にいちいち口を出し、「悪いのはうちの子ではなく、環境だ。」と勘違いしている親。

これが高校留学への大きな弊害となります。

英語圏の異なる環境を理解し得ないまま、自分の子供の留学がうまくいかないことを、周りのせいにします。

その親の態度に助長された子供は、努力をまったく止め、すべてを周りのせいにする根本的な問題点を抱えたまま大人になる可能性が高いですね。

ふぅ~、道のりはるかですね。

 

ふたつ目の相談点、英語圏の学校卒業後の就職について:

これも以前に回答していますので、お読みください。

海外の大学に行き海外で就職するには

外国で能力・スキルを高く評価されるようになるためには、今後かなりの努力と経験を積み重ねることが大切だとおわかりいただけましたか。

自分にはどの方法が取れるのか、よく客観的に分析し、準備を始めることからスタートして下さい。
まだ十分時間がありますよ。

これからの長い長い人生、自分を大きく開花させられるといいですね。

Good Luck!


追記: 
1994年から現在まで、主にカナダの大学正式留学をサポートしています。
日本から多くの優秀な高校生が準備を重ね、日本の高校卒業後海を渡りました。
様々な分野で学位を取得し、その多くは日本で活躍中です。

高校留学に関しては、2007年にいったん休止しました。

子供の高校留学を希望する親の世代の変化でしょうか、上記の「超過保護」傾向が余りにも強まり、「親の面倒まで見れない~。」と思ったことが一番大きな理由です。

そろそろ、その世代も交代しかかる時代になりましたので、今までにない形での「高校留学」再開の予定です。
新しい年代の親の論理的能力に期待しつつ。

小学校・中学校時代から十分な英語の準備をし、親との信頼関係も築き、親の意識改革にも参加した、限られた15歳のみを送る、まったく新しい形の「高校留学」を準備中です。

経済的にうるおうカナダの小さな町で、将来に通じる人的ネットワークを作り上げながら、地元に密着した意義深い3年間をデザインしています。

Wish me luck!

****************************

カナダの小・中・高校の教育課程を基にした指導をしています。
クリティカルシンキングの基本が出来た生徒は「カナダの小さな町での留学・ボランティア」
Super World Club (大澤眞知子、Robert McMillan)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。

カテゴリ 「留学」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 Critical Thinking を使った英語のReading

英語のストーリーやエッセイなどの抽象的な概念を論理的に理解する方法

料金
16,200円

英語のReading 能力を高める効果的な方法。 それは、Critical Thinking を使い、分析しながら読めるよう訓練することです。

アメリカやカナダの大学では、高校までの教育で完成しているはずのCritical Thinking能力が必須ですが、大学により、その能力を確かめるために、Reading with Critical Thinking という教授法を使うことがあります。

その実践されているReading with Critical Thinking を体験して下さい。

Critical Thinking を使った英語のReading

このコラムに類似したコラム

カナダ大平原の小さな町で高校留学―9月からの留学生準備開始 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/04/11 14:51)

日本の高校を1年間休学しオーストラリアの高校に留学したい 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2014/09/01 16:48)

今すぐバンクーバーの高校に留学したいです 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2014/08/31 16:23)

間違いだらけの「高校留学」観 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/05/26 15:47)

カナダの高校留学 ー 変遷と現状 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/01/25 16:06)