目標を持つことで人は変われます - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

目標を持つことで人は変われます

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 わたしの今年の目標は、もう少し起業を目指す人に役立つプログラムを提供すること。これまで、面談やメールで対応していましたが、起業する業種を探す人から、まもなく開業する人まで、間口が広すぎてどこかにポイントを置くことができませんでした。今年は、ある程度起業計画を具体化している人のチェックにポイントを置こうと思います。

 狙いの一つは、起業を毎日考える習慣を身につけてもらうこと。わたしは、日常生活やビジネスなど、個人の資質を高めるために、習慣化することがとても重要と考えています。起業準備で上手くいっていない人に共通するには、起業への関わりのある日と、まったくない日がはっきりして、生活に連続性がないことが原因と考えています。

 これは、わたし自身が準備期間に経験したことです。取り組むときは、6時間とか8時間も準備に取り掛かっているのに、時間がないことを言い訳に2、3日まったく手をつけない日がありました。これは非常に非効率です。何度も、前回の続きをトレースしてから、準備に入る愚かなことをしていました。

 短時間でも毎日取り組んでいますと、この前回のトレースをすることなく準備作業を続けることができます。例え30分や1時間でも、毎日する準備をすることで、効率は飛躍的に高くなります。現在、起業準備をしている人にも、この毎日取り組みに付き合うサービスを行おうと思っています。

 年末から正月にかけ、新しい年の目標を立てることがとても重要なことに、わたしは数年前に気付きました。それまでは、勤めた会社の目標設定のいい加減さに飽き飽きして、あまり真剣には考えませんでした。目標に期限を決めるなど、以前はまったく考えないことでした。モノゴトを振り返ったとき、目標があるとないではまったく結果が違ってきます。

 自分が歩んできた足跡が見えるか、どうかの違いです。いくら歩いても、足跡が見えないことには自信がつきません。目標とその次の目標をつなげることによって、自分の能力の高まりや考え方が変わってきたように思います。みなさんもよかったら、毎日の習慣を大事にして、目標をもって起業に突き進んでください。

このコラムに類似したコラム

起業をいくら学んでも起業が実現できない理由 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/06 20:53)

いつも見ているため客観的に見れなくなった 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/13 20:50)

欠陥マンションに新たなビジネスの必要性が 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/03 20:37)

集客を第一に考えた起業準備 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/29 20:20)

起業準備をしていても、直ぐに中断して前に進まない 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/26 20:52)