欠陥マンションに新たなビジネスの必要性が - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

欠陥マンションに新たなビジネスの必要性が

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 最近、「そんなバカなことが起こる?」と思われる珍事が、ビジネスで起きました。場所は、東京・港区青山。都心でも一等地と云われるこの場所に、三菱地所が超高級マンションを建設しました。最高価格が3億5千万円、最多価格帯は1億4千万円台で、全86戸中83戸が契約済み。3月には引き渡し予定だったと云います。

 ことの発端は、ネット上にこのマンション建設の欠陥を告発する文章が載り、それを購入者が見つけて三菱地所に問い合わせたようです。すると、マンション内に張り巡らされた水道管などを設置する、スリーブという孔が開いていない事実を認め、急遽マンションの販売を中止する事態になりました。

 マンション建設の発注元は、三菱地所子会社の三菱地所レジデンス。施工は鹿島、配管設備は関電工です。わが国を代表する建設各社が建てた高級マンションが、水道管などを納めるスリーブを設置しないで不良建設だったのです。通常では考えられない事態が発生し、公になってしまったのです。

 一般的に、内部告発がない場合、この各社はどう事態を収めたのでしょう?強引に後付で補修工事をして、スリーブを取り付けるようなことをしているのでしょうか。建設が終了したマンションやビルを、欠陥が見つかったことから、建て直しをしたという話はあまり聞いたことがありません。

 推測するに、昔からこのような設計ミスはあったけれど、ネットのように内部告発する手段がなかったので、見過ごされてきたのかと思われます。また、建築作業に対する生産性向上が叫ばれた2000年代以降、業務に関わる人を減らして専門化が進んだため、初歩的な失敗をチェックする人がいないことも原因と考えられます。

 このような事態を考えますと、工事の最終チェックを外部が行うビジネスに起業の可能性がありそうです。これは、冷凍食品の農薬検出でも見られたことですが、社内だけの監視体制ではチェックが行き届かないことは確か。信頼できる外部組織で、しかもライバル社の影がまったくない専門会社が求められます。新たなビジネスにもなりそうです。

このコラムに類似したコラム

官僚には言われたくない、起業リスクを取る取らない 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/04/23 20:37)

準備不足による起業の失敗は後を引きます 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/04/22 20:49)

最強の営業ツール、営業の切り札 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/11 20:40)

起業でも、どこの会社も同じ仕組みと思いがち 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/08 20:36)

起業アイデアを生むための努力をするなら 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/07 20:48)