風の高床式 Cube - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

風の高床式 Cube

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
Works・・・作品紹介
・風がよく通り抜けること
・安心して窓を開け放てること
・ローコストであること
クライアントからの主な要望であるこの3点を同時に解決する手段としての提案。

■ 高床式
『風通し』と『安心感』、どうしても相反してしまうこの2つを、同時に満たせるもの、それが高床式でした。
1階の床を、人の背丈ほどの高さまで持ち上げてしまえば、防犯や人目を気にせず、窓を開け放つことができます。

■ ナナメに置く
風通しのためには、隣家との間をなるべく多くとる必要があります。
今後建ち並んでいくであろう周囲の建物を意識して、『風の高床式Cube』は、街区に対してナナメに配置しています。
これはまた、隣家と正面に向き合わないので、家の中からの眺めをさえぎるものが少なく、お隣さんが気にならない、開放的な生活が可能です。

■ 外構いらずでローコスト
高床にすることで、目隠しの塀を設置する必要がなくなりました。
また、地盤の状態によりますが、建物を持ち上げることで、基礎にかかるコストを抑えることも可能です。
そして建物の形状は、ほぼ立方体です。
空間の容積を、最小限の壁面積で囲える、いちばん効率の良い形です。

※詳しくはこちら

■data
設計:survival design 須永豪
設計期間:2004年11月
主要用途:専用住宅
家族構成:夫婦・子供
規模:地上2階
敷地面積:165.76m2(50.19坪)
建築面積:44.89m2(13.59坪)
建ぺい率:27.08%(許容50%)
1F床面積:44.89m2(13.59坪)
2F床面積:30.48m2(9.22坪)
延床面積:75.37m2(22.82坪)
容積率:45.53%(許容80%)
施工床面積:89.78m2(27.00坪)
予算:1500万円(55万円/坪)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。

カテゴリ 「Works・・・作品紹介」のコラム

居場所の家(2005/11/21 04:11)

森に浮かぶ家(2005/11/21 04:11)

朝の家(2005/11/21 04:11)

HAKA to SOLA(2005/11/21 04:11)

S-House(2005/11/21 04:11)