大容量ファイルを送信できる「ビッグメール」 - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

林 俊二
ネットライフパートナー株式会社 なにしろパソコン編集長
東京都
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

北島侑果
(司会者)
鈴木 達也
(ビジネススキル講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大容量ファイルを送信できる「ビッグメール」

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
高画素数のデジタルカメラで撮影した画像ファイルは1枚分でも数MBになるなど、ファイル容量はますます大きくなっています。だからといって10MBを超えるファイルを直接、電子メールに添付して送信するのはマナー違反と言われても仕方ありません。

そこで1回に「100MB」までなら、ネット上のサーバー上に保存して、そこからダウンロードできるアドレスを相手にメール送信する、という仕組みで大容量ファイルが送れる無料の「ビッグメール」というサービスを紹介します。

◆ ビッグメール http



「ビッグメール」の特徴は以下の通りです。

 ・送信するだけなら『登録不要』。無料ですぐ使えます。

 ・合計最大100MB、最大10ファイルまで、何度でも送信が可能。
  一般的なファイルの受け渡しには十分な容量です。

 ・ファイル保存日数は3日間、ダウンロードも5回までですが
  セキュリティやあとで削除する手間が省けて、逆に便利です。

 ・登録すれば「送信履歴」「アドレス帳」が使えます。登録も
  無料で、メールアドレスとパスワードだけで簡単にできます。

  → 相手がファイルをダウンロードするページを開いたか、
    ダウンロードをしたかを履歴ページで確認できます。

  → 送信アドレスやファイルの中身を間違って送信しても、
    相手がダウンロードする前であれば、履歴ページから
    削除可能。削除後はダウンロードできなくなります。

※ 2008年6月11日現在の情報。サービス内容は提供元の都合で
  変わる場合があり、利用前に規約などをご自身で確認ください。
  利用規約よくある質問


ほかにも同様のサービスはありますが、ビッグメールは簡単&便利なので私も実際に愛用しています。以前、「今週のQ&A」でも紹介したサービスですが、その記事を見て使ってみた、という読者からもおおむね好評です。
  
 

パソコン生活応援アドバイザー 林 俊二(キューアンドエー株式会社


運営ポータルサイト編集長ブログメールマガジンパソコントラブルQ&A
インターネットFAX「メッセージプラス」ウイルス対策サービス「安心だネット!」