繰り返される食品偽装表示~景品表示法の正しい理解がリスクを減らす~ - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
石川 雅章
(広告プランナー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

繰り返される食品偽装表示~景品表示法の正しい理解がリスクを減らす~

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ 薬事法・景品表示法に関する広告表現

繰り返される食品偽装表示
    ~景品表示法の正しい理解がリスクを減らす~

食品虚偽表示が話題となっていますが、
一般消費者にて提供する商品やサービスの表示はすべて
『景品表示法』の法規制の対象になります。

例えば、ニュースになっていなくとも
不動産関連の「おとり広告」(有利誤認)
既に、契約済みの不動産物件を掲載し、集客を行なう

アパレル関連の繊維表示の虚偽や誤り

合理的根拠とは明らかに言えない(おかしい)根拠を元にした
商品機能や効果の表示

ニュースとして大きく取り上げられなくとも、日常的に、
虚偽表示が繰り返されています。


【最近の食品虚偽表示】
大手ホテルチェーン、大手百貨店、酒造メーカー等、
毎日のように食品虚偽表示が発覚しています。合わせて、
楽天の77%セールにおける、不当表示の疑いも話題となり、
消費者の信頼を揺るがす大きな問題となっています。


この事態を受け消費者庁では、
11月に入り各関連団体へ通達を出していますが、
具体的にどのような対策を企業側として行なうべきか、
未だ不明確な状況です。更に、来年の国会に向けて、
景品表示法の改正も視野に入れているとのこと。


また、食品偽装の歴史を紐解くと、
常に時代時代で虚偽表示が行なわれてきました。
雪印食品の偽装事件、ミートホープの品質表示偽装、
赤福の賞味期限偽装、船場吉兆の消費期限偽装 等々

食品偽装が発覚した場合、
半年間で約6割が倒産するとも言われています。

広告の作り方メールマガジン メールマガジン登録

http://aksk-marketing.jp/mailmagazine.html

エーエムジェー株式会社

http://aksk-marketing.jp

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム

このコラムに類似したコラム

景品表示法 最新 運用状況を検証 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/03/06 12:40)

後を絶たない食品偽装 メニュー偽装 景品表示法の観点より検証 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2013/11/05 12:10)

来年度導入の機能性食品 商品企画・開発の選択肢 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/08/02 14:48)

薬事法・景品表示法・健康増進法・機能性食品セミナー2014年9月4日(木)お申込受付中 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/07/08 14:20)

薬事法・景品表示法・健康増進法・機能性食品セミナー2014年9月4日(木)開催 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/06/17 14:40)